お香典とは?金額相場や書き方・渡し方マナーの基本を確認

お香典とは?

室町時代後期には、武士の間で金銭香典を出した記録が残っていますが、一般の人は食料香典が主流でした。


香典とは「香を供える」という意味から由来していますが、貴重な品を提供するという意味に解釈することもできます。昔は葬儀となると近隣の人々に食事の振る舞いをしなければなりませんでしたが、それが多額の出費となるため遺族は大きな負担を強いられることになりました。その負担を村全体で助け合うために「食料」を提供したことが一般の民衆にとっての香典のはじまり。明治になって金銭香典が広まってきましたが、完全に食料から金銭に移行したのは戦後になります。
   

香典の金額相場

お香典の金額については、友人や同僚の場合、身内や親戚の場合、仕事関係者の場合によって、また年齢によっても違ってきます。故人との生前どのようにお付き合いをしてきたかによって変わってくるので迷ってしまう人も多いでしょう。前に相手から香典をいただいている場合は、その金額を参考にすることもできますが、物価の変化や価値観なども時代とともに変化するので状況によります。

参考までに一般的なお香典の金額相場をお伝えします。
  • 両親……5万円~
  • 祖父母……2万円~5万円
  • 兄弟姉妹……2万円~5万円
  • 親戚……1万円~5万円
  • 友人・知人・隣人……5千円~2万円
  • 仕事関係者……5千円~2万円
  • 顔見知り程度……3千円~1万円
この他に、お花や供物を送ることもあります。お花や供物の場合は、大体1万円~になりますので、個人名で出すほか「友人一同」「親戚一同」「○○会社」などで一括してまとめて出すことも多いようです。
会社や町会などでは、最初からお香典の相場や金額が決まっている場合もあります。
 

香典袋の書き方 ー表書きー

■仏式
一般的なマナー本には、”仏式の場合四十九日以前は「御霊前」、四十九日後は「御仏前」を使う(浄土真宗では霊の存在がありませんので「御仏前」が適当となります)”と書いてありますので多くの人はこの慣例に準じています。
お香典

お香典は袱紗(ふくさ)に包んで持参します。バッグやポケットの中に無造作に入れておかないように!

しかし、ワンランク上のマナー美人を目指すなら仏式の場合「御香料(ごこうりょう)」「御香資(ごこうし)」「御香奠(ごこうでん)」を使ってみては。「お香をお供えします」という意味になりますのでこれなら浄土真宗でも失礼にあたりません。※浄土真宗は日本一信徒数が多い宗派なので覚えておきましょう。

■神式
神式でも「御霊前」は使用できます。ほかに「御榊料(おんさかきりょう)」「御神饌料(ごしんせんりょう)」「御神前」「御玉串料」など書いてもOKです。

■キリスト教式
「お花料」が一般的です。カトリックでは「御ミサ料」も可(プロテスタントでは不可)。

このように、宗旨・宗派によって表書きが変わってきますが、参列者側は必ずしも遺族の宗旨・宗派を理解しているとは限りません。あまり気にせずに自分の家の宗旨・宗派に準じた形でもよいでしょう。
 

お香典の書き方 ー名前ー

中央には自分の姓名をきちんとフルネームで記すこと。裏には郵便番号、住所、氏名、金額を書きます。どんなに親しくても必ず書くようにしましょう。後でお香典の整理をする遺族の負担が軽減されます。
 

お香典の書き方 ー金額数字ー

金額は壱(イチ)、弐(ニ)、参(三)、萬(万)というように漢数字で書きます。
 

お香典の書き方 ー連盟の場合ー

複数名の連名で香典を出す場合、右から上位者・目上の人を書くようにします。上位・下位等の区別がない場合は、五十音順で書きます。
 

香典袋の中包み

中包みの中にはお金を入れますが、不祝儀の場合は上が下に重なるように折ります。瞼を閉じたようなイメージ……中包みで悲しみを表現しているのです。中包みには郵便番号、住所、氏名、金額を書きます。
 

香典に関するQ&A

Q:不祝儀袋は立派なほうがいい?
A:祝儀袋でも金額によって水引や紙の種類を変えるように、金額に応じた不祝儀袋を選ぶようにしましょう。
  • 3千円~5千円→袋に水引が印刷されたタイプの簡易不祝儀袋、中包みがない場合もある
  • 1万円~3万円→黒白の水引、双銀の水引
  • 3万円~5万円→高級和紙、双銀の水引のもの
  • 10万円以上→高級和紙、水引に手が込んでいるもの。厚みもあって少し大きめ。
いずれも袱紗(ふくさ)に包んで持参するのがマナーです。

Q:「香典を辞退します」と言われたら?
A:時々「お香典を辞退します」という家があります。昨今では関西方面の葬儀では香典辞退が増えているようですね。
昔と違って、お香典の目的が金銭面での相互扶助から「お付き合い」に変わっていますので、これも時代の流れなのかもしれません。その場合はお香典は持参せず、受付では記帳するだけになります。しかし、中には「香典辞退」とは知りつつも、自分の気持ちを形にして表現したいと思う人もいるでしょう。もしどうしても香典を出したいとう場合は、遺族に「辞退の旨は伺っていますが」と前置きしたうえで、直接ご相談なさってみてはいかがでしょう。

Q:4と9のつく額は避けるべき?
A:日本人は4や9の数字に対しては少々敏感なところがあります。ただの語呂合わせではありますが、念のため避けたほうが無難です。

Q:お香典は小額でもいい?
A:地域共同体で助け合う……それがお香典のはじまりですから、「小額でも役に立てれば」という気持ちが一番大切ですが、現実には1000円前後の返礼品や通夜料理・飲み物などを出すことによって、場合によっては赤字になってしまうこともあります。最近は「即返し」といって、金額に関わらず四十九日後に渡す2千円~3千円のお香典返しを当日渡すケースも増えてきましたので、良かれと思って渡した香典によって負担額を増やしてしまうことも考えられますので、最低でも5千円程度は包んだほうが良い傾向にあります。

Q:お香典に対する税金は?
A:お香典は非課税になります。葬儀費用にあてられるのが社会通念となっていますので、相続税、贈与税、所得税の税金を課税しない取り扱いになっています。葬儀費用に充当しない場合でも税金の心配はありません。

Q:古いお札にするべき!と言われたけど
A:お香典の場合、「取り急ぎ準備しました」という意味をこめて古いお札を使用する習慣があります。しかし、昔と違って新札がすぐに準備できる時代になりましたので、それほど気にする必要はなくなりました。「新札しかない場合は一度折り目をつけてから包むようにするべき」という人もいます。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。