仏事・葬儀で使用する水引の種類

日本では昔から大切な贈り物は「結ぶ」「包む」習慣がありました

日本では昔から大切な贈り物は「結ぶ」「包む」習慣がありました

■黒白の水引
葬儀・法要に用いられます。

■双銀の水引
葬儀・法要に用いられます。黒白と比べると少し高級感があります。

■黄白の水引
葬儀・法要に用いられます。主に京都、北陸地方で使用。精進潔斎を表す京都御所作法とされています。関西地方では法要や寺院へのお布施などに用いられることもあります。

結び方の種類

■結び切り
「繰り返さない」「一度で終わる」という意味で、葬儀で使用される結び方。

■あわじ結び
結び切りの一種で、慶事・弔事両方に用いられます。市販されている弔事用の水引はあわじ結びが主流。両方の端を持って引っ張るとさらに強く結ばれることから「末永くつきあう」という意味で、お布施にも用いられます。

■蝶結び
何度でも結び直すことができるので、「何度あっても良い」という意味の場合に使われます。心付けや寺院の行事などに使用します。

※水引については、地域によって色や結び方など作法が異なることもあります。


香典袋の選び方

香典袋は多くの種類が売られていますが、5000円くらいまでの場合は水引が印刷されたシンプルなものでも失礼になりません。3万円くらいまでなら黒白か双銀7~10本。3万円以上なら双銀10本以上で和紙がしっかりした作りのものを選びます。