遺族に寄り添う気持ちを伝える、お悔やみの手紙の送り方・マナー

お悔やみの手紙は、遺族の気持ちに配慮し、形式的な文章や飾り立てた文面よりも、自分の言葉で書くことが大切です。作法をふまえたうえで、その中で故人を悼み、遺族に寄り添う気持ちを手紙で伝えましょう。

最近は、通夜、葬儀・告別式に事情があって参列できなかったり、家族葬や直葬など内々の葬儀だったために参列を遠慮するケースが増え、後日お悔やみの言葉を手紙で伝えたいという声を多く耳にします。弔事の場合、お悔やみの手紙を送る際のマナーをおさえておきましょう。

【INDEX】

お悔やみの手紙のマナーの基本

パソコンで書いてもマナー違反ではありませんが、できれば自筆で弔意と遺族への思いやりを伝えて

パソコンで書いてもマナー違反ではありませんが、できれば自筆で弔意と遺族への思いやりを伝えて。

手紙で使用する筆記用具には格があり、便箋、封筒、筆記具それぞれシーンや立場によって使い分ける必要があります。

目上の方に差し出す手紙や儀礼的な内容の場合は、白無地の巻紙に筆と墨で書くと良いでしょう。便箋を使った手紙の場合でも、縦書きで罫線のない白無地便箋にに毛筆で書くと格が上がります。

親しい間柄なら、格にこだわらなくてもかまいません。縦書きでも横書きでも可。白い便箋でなくても、落ち着いた色や柄であれば失礼にはならないでしょう。

筆記具は格上から毛筆、筆ペン、万年筆、水性ボールペン、フェルトペン、ボールペンの順となります。インクの色は弔事の場合、黒が基本です。

お悔やみの手紙の内容

お悔やみの手紙の内容は、故人の死を悼み、遺族の気持ちに寄り添う文面、言葉遣いをすることが大切です。自分の近況に触れることは手紙の主旨からはずれます。知らせを受けた時の驚きや悲しみ、故人との関係、故人との思い出、遺族への配慮などで構成すると良いでしょう。

取り急ぎの手紙という意味で、頭語や時候の挨拶といった形式的な前文は省きます。「が」「は」など助詞は行頭にしないように。

追伸として最後に一言付け加えることもNGとされていますが、それは「度々」「重ね重ね」などの重ね言葉と同様の意味を持ち、不幸が繰り返されるというイメージから。香典袋を同封する際は、その旨を文章中に述べて、祭壇(御霊前、御仏前)にお供えしてもらうようにお願いします。

薄墨について

弔意を表す手紙の場合いは、「薄墨」を使って書くとされています。これは「あまりの悲しさに涙で墨が薄まった」という意味から。しかし最近では薄墨を使わず、濃さを気にする人も少なくなりました。

四十九日法要までは薄墨にすることもありますが、それ以降に送る手紙には、薄墨は使いません。「故人を偲び、心を込めて墨をすった」という気持ちを表現するものです。


冠婚葬祭シーンでは句読点はつけない?

冠婚葬祭の正式な手紙(文章)には、句読点「、」や「。」をつけない習慣があります。これには3つの説があります。

1:和文の名残
句読点をつけない手紙(文章)は、縦書きで書いていた和文の名残です。和文には句読点がついていなかったという名残から、冠婚葬祭など改まったシーンでは句読点をつけないという風潮になってきました。

2:滞りなく進行するように
冠婚葬祭の儀礼が滞りなく行わるようにという願いや、つつがなく終了したという意味を込めて、文章が途切れるような句読点は用いないとされています。

3:読み手に対する敬意
句読点は読み手の補助をするもので、読む力を十分にそなえた相手に対して失礼であるという敬意から句読点はつけないほうが良いとされました。

忌み言葉とNGワード

忌み言葉とは、「重ね重ね」「かえすがえす」など同じ言葉をかさねたものや、「死」や「苦」など、死があたかも次々に連鎖するようなイメージを与えるような言葉を言います。忌み言葉は単に「語呂合わせ」から敬遠されるのであって、実際に不幸と直結するわけではありませんから、最近はあまり気にしすぎない傾向にあります。

それよりも、「天寿をまっとうした」「大往生でしたね」という励ましのつもりの言葉が遺族を傷つけてしまうこともあります。身内を亡くした寂しさは故人の年齢とは関係ありません。「長生きでよかった」という類の言葉は遺族が口にすることがで、参列者が発する言葉ではありませんので注意しましょう。「残念」「もっと長生きしてほしかった」という気持ちを伝えるほうが適当です。
「お気持ちをしっかりもってください」「早く元気になって」という励ましの言葉もプレッシャーになることがありますので使用は控えます。

お悔やみの手紙の便箋の折り方

洋封筒の場合、封じ目を右向きにする(折が左)と弔事用になりますが、これは袱紗(ふくさ)の作法にならって近年言われるようなった歴史が浅いマナーですから、右向きでも左向きでもどちらでも間違いではありません。

地域によっては用紙の種類によって裏表を逆にしたり、二つ折の場合は折り目の背側から挿入することが慣習とされているケースもあります。

また、お悔やみの手紙では「〆」「封」など封じ目に封字はつけないという説もありますが、これは「香典は直接手渡しするものなので、封をする必要がなく、封字を用いる必要がない」という意味から拡大解釈されたもの。香典袋に封字は不要ですが、封書を郵送する場合はどちらでもかまいません。

なお便箋は「不幸が重ならないように」の忌み言葉と同様、重ねるイメージを避けるため、弔事の手紙は1枚の便箋におさめるべきというマナーもあります。あまり気にしすぎる必要はないのですが、できるだけ簡素な表現を心掛け、1枚でおさめたほうが良いでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。