数珠についてきちんと理解し、正しい持ち方・使い方ができていますか?

佛式の行事では欠かせない数珠

佛式の行事では欠かせない数珠

数珠は念珠とも言われ、仏・菩薩さまやご先祖さまを拝むときなどに回数を記憶するためのものとされています。「数を念ずる」「数を記す」そして「念仏を唱えて手を合わす」といろいろな意味合いで使われています。

また佛式の行事である通夜や葬儀・告別式の会葬に参列する時や法要(法事)に出席する際には、欠かせないものです。今回は数珠の由来を知り、正しい持ち方・使い方などをまとめてみましたので、どうぞご参考に!
 

数珠の由来

数珠は、持っているだけで魔除け厄除けとなり、また福を授かるそう

数珠は、持っているだけで魔除け厄除けとなり、また福を授かるそう

数珠は、古来インドのヒンズー教のバラモンが儀式用に用い、その後、密教の僧侶が使い始めました。当時日本では貴族仏教徒のみ使い、鎌倉時代になってからは、一般の仏教徒も使用するようになったそうです。

数珠は、持っているだけで魔除け厄除けとなり、また福を授かると言われています。
 

数珠の形式

女性用の数珠は男性用に比べて小さく作られています

女性用の数珠は男性用に比べて小さく作られています

数珠は正式には108個の珠が2重になり、これに房や飾り玉がついています。

この108は、人間の煩悩の数といわれています。宗派によって多少異なりますが、現在では54個、36個、27個などと珠の数は少なく、一般的には一重の略式の数珠が使われています。

男性用は、珠は幾分大きく、女性用は小さく作られています。
 

数珠の持ち方(持ち手)

数珠を使わないときは、ふさを下にして左手で持ちます

数珠を使わないときは、ふさを下にして左手で持ちます

数珠の正しい持ち方は、座っているときは左手首にかけ、歩くときはふさを下にして左手で持ちます。(長い数珠は二重にします)

なぜ左手なのでしょう? それは、左手は仏さまの清浄な世界、右手は信仰の世界、すなわち私たちの世界を指しているからなのです。
 

数珠の使い方:焼香のとき

合掌する時、短い数珠の場合、親指と人差し指ではさみます。長い数珠は、両手の中指に掛け渡して手を合わせます

合掌する時、短い数珠の場合、親指と人差し指ではさみます。長い数珠は、両手の中指に掛け渡して手を合わせます

ふさを真下に垂らし、親指と他の4本の指にかけて親指で軽く押さえます。指を伸ばし両手をぴったり合わせましょう。

席を離れるときは椅子や畳の上に置くのは、マナー違反。必ずバッグやポケットの中にしまってくださいね。

また子どもが人差し指に通し、ぐるぐる回して遊ばないように気をつけてあげて下さい。仏様を拝む大切な道具であることを忘れずに。

※数珠の使い方は、宗派や数珠の種類によって異なる場合があります。
 

「数珠が切れると縁起が悪い」は本当?

仏様が悪縁を切ってくださったと考えましょう。長い間使っていると数珠の糸が切れてしまうことがあります。それだけお念仏に励んだ証であり、けして縁起が悪いことはありません。切れてしまった数珠はお寺で供養をしてもらったり、仏具屋さんに修理を頼んだりすればよいことなんです。

いかがでしたか? 現在、日本人の平均で3カ月に1回は、通夜や葬儀、法事などの仏事に参加しています。また年齢が上がると共にさらにその機会は増える事になります。

数珠は、人に貸したり借りたりせず、一人ひとり、自分の数珠を持った方がよいと言われています。家庭を持ったら必ずひとつ、そして夫婦それぞれ持ち、社会に出て働くようになったら子どもにもぜひ用意してあげてくださいね。

【関連サイト】
・冠婚葬祭マナー集
・法要・お盆・お彼岸
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。