お葬式・お通夜で遺族への声がけポイント・フレーズとは?

お葬式・お通夜での声がけ

思いやりが伝わる言葉を

お葬式で、遺族へかける言葉のポイントを解説。一般的なお悔みの言葉や、葬儀のシーン別によく使われるフレーズを紹介します。

<目次>

【シーン別】葬儀・通夜で遺族へかける言葉や挨拶のポイント

葬式で遺族へかける言葉、挨拶

「ご愁傷様です」という言葉は、普段使いなれないだけによそよそしいイメージがありますが、相手を気遣う意味が含まれている大変丁寧な言葉です

■一般的なお悔やみの言葉
遺族に会ったら、まず気持ちを伝えて心をこめた挨拶をします。
  • 「このたびはご愁傷様です。」
  • 「このたびは突然のことで大変でしたね。」
  • 「心からお悔やみ申し上げます。」
など、よく使われるフレーズを覚えておきましょう。最初からいきなり病状や死因などを聞くのは失礼です。

■受付では
マナー本では「受付での挨拶は『このたびはご愁傷様です』と言うように。」と書かれていることが多いですが、実際は軽く黙礼して受付を済ます人が多いようです。

■開式前
開式前の遺族は親戚や参列者、僧侶への挨拶に加え、式の打合せ、供花の札の順番の決定など、あわただしい時間を過ごしています。お付き合いの度合いにもよりますが、遺族への挨拶はできるだけ手短にし、お悔やみの言葉に加えて「お手伝いできることがあればお申し付けください」と声をかける程度にしておきます。

■故人と対面するときは
故人と直接親しい場合、最後に会ってお別れをしたいという気持ちになるでしょう。対面をするときは、必ず遺族の許可を得ること。勝手に棺の中を覗いてはいけません。許可を得たら、故人へ近づき手を合わせ一礼して対面します。「安らかなお顔ですね」など、遺族をいたわる言葉と「ありがとうございました」というお礼の言葉を忘れずに。

■通夜ぶるまいの席では
通夜ぶるまいの席では、大声で話したり飲みすぎてしまわないように注意しましょう。故人や遺族と直接親しい間柄だったら、故人を一緒に思い出しながら遺族の胸の内をぜひ聞いてあげてください。

※地域によっては賑やかにお酒を酌み交わす通夜ぶるまいもあります。

次のページでは、避けるべき言葉、気をつけるポイントについてご紹介します 。


葬儀・通夜の席で遺族へかけてはいけない「忌み言葉」とは

葬式で遺族へかける言葉、挨拶

忌み言葉にとらわれる必要はありませんが、できるだけ避けるような心配りも大切

忌み言葉とは、「重ね重ね」「かえすがえす」など同じ言葉をかさねたものや、「再び」「続いて」など、死があたかも次々に連鎖するようなイメージを与えるような言葉を言います。

言霊(ことだま)という言葉があるように、言葉には霊が宿るという言い伝えもあり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるにちがいないと恐れられていたこともあって、葬儀の際は忌み言葉を避けるようになりました。具体的には次のような言葉があげられます。

■二度続くイメージ
「重ね重ね」「返す返す」「またまた」「たびたび」「くれぐれも」「いよいよ」「次々」

■次も続くイメージ
「重ねて」「続いて」「追って」「再三」「再び」

忌み言葉は単に「語呂合わせ」から敬遠されるのであって、実際に不幸と直結するわけではありません。死を忌み嫌った時代には、忌み言葉は敏感に受け止められがちでしたが、現在は死は避けて通れないもので、受け止めるべきという考えに変わってきています。

多用NG「ご冥福をお祈り申し上げます」は宗教・宗派によっては不適切

「ご冥福をお祈り申し上げます」という一文、一般的に使われているお悔やみの文ですが、厳密に言えば多用できない文だということをご存知でしょうか?

冥土は仏教用語ですから、神道やキリスト教では使わない言葉です。また、冥土をさまようという概念を持たない浄土真宗でも不適当な言葉となります(浄土真宗は、人は死後すぐに浄土へ行くという教えに基づきます)。

「冥福」のほかに「往生」「供養」「成仏」も仏教用語。忌み言葉と同様、気にしすぎたらキリがありませんが、遺族に失礼にならないように、神道やキリスト教葬儀では使用しないように注意しましょう。

ちなみに「ご冥福をお祈り申し上げます」を言い換えるとしたら、「哀悼の意を表します」が適当です。

このほか、遺族へ挨拶するときのNGワードと適切な言い回し

葬儀では死を意味する直接的な表現も避けます。「死ぬ」「死亡」「生きる」「生存」などを言う場合、次のような言葉におきかえて話すと良いでしょう。
  • 「死ぬ」→「亡くなる」
  • 「死亡」→「逝去」
  • 「生存中」→「生前」
  • 「生きているとき」→「お元気なとき」
また日本では「四」「九」は不吉な数字とされているので避ける傾向があります。

忌み言葉やNGワードについて解説しましたが、マナーの本質は思いやりですから、「イヤだな」と受け取られてしまう言葉はなるべく避けるように心がけつつ、できるだけ自分の言葉で遺族と接すると良いでしょう。

大切なのは相手を思いやる気持ちです。友人・知人との会話を通じて、遺族の心が少し楽になることもあります。まわりの人は遺族が少しでも安心した気持ちでいられるよう、話を聞いてあげるように努めます。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。