弔電とは

昔と違って通信手段が整っている現代では、弔電は本来の意味からはずれ「形式的なもの」になっています。しかし基本的なマナーはおさえておきたいですね。
昔と違って通信手段が整っている現代では、弔電は本来の意味からはずれ「形式的なもの」になっています。しかし、基本的なマナーはおさえておきたいですね。
弔電とは、本来事情があって通夜や告別式に参列できないときに、喪主や親戚に対して弔意を表す電報を送ることです。ですから遅くても告別式に間に合うように手配するのがベストです。

電話で弔電を送る場合

電話で弔電を打つ場合は、NTTの115番に電話をすればOKですが、受付時間が午前8時から午後10時までに限定されているので注意が必要です。料金は台紙の種類と文字数によって異なり、だいたい1000円~3000円が一般的な費用となります。

【弔電の手順】
  1. あらかじめ文章を考えておきます。NTTの文例(下記参照)の一部の言葉を入れ替えて利用することもできます。
  2. 弔電の送り先の住所、名前を調べておきます。最近は自宅で葬儀が行われないケースが多いので、通常は通夜・葬儀が行われる斎場・式場宛に送ります。
  3. 局番なしの「115」に電話します。
  4. オペレーターが出たら、自分の電話番号と名前を告げ、送り先の住所と名前を告げます。
  5. 台紙を選びます。
  6. 電報に記す文章をゆっくり読みます。NTTの文例を使用する場合は、文例番号を告げます。
  7. 送り主の名前を入れる場合は、名前(会社名、役職など)を告げます。
  8. オペレーターが復唱するので確認をします。
  9. 最後にオペレーターが文字数と料金の案内をしますので、確認します。


【NTT弔電の文例の中でも特によく使用されるもの】
7501:ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。(23文字)
7502:ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。(22文字)
7511:○○様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。(26文字)
7512:○○様のご逝去を悼み、ご冥福をお祈りいたします。(25文字)
7513:○○様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈り申し上げます。(46文字)
7522:ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。(48文字)

オペレーターの指示に従えば、誰でも簡単に弔電を送ることはできますが、昔と違って今は全部がカタカナというわけではありませんので、先方の住所や名前などをくれぐれも間違えないように注意しましょう。

インターネットからも簡単、NTTの弔電サービス

電話ではなく、NTTのサイトを経由して申込をする場合は24時間受付可能。電話でオペレーターに口頭で告げるより、住所や名前などの間違いがないという点でも利用価値大です。

NTT東日本「D-MAIL」
NTT西日本「D-MAIL」

いずれもクレジットカードでの支払い可、電話料金合算での支払い可です。

次ページは郵便局のレタックスを利用する場合、その他の弔電サービス業者をご紹介