弔辞は故人へ捧げるお別れのメッセージ。最近は弔辞という言葉を使わずに、「お別れの言葉」として捧げる場合もあります。遺族は「ぜひお別れの言葉をお願いしたい!」という人に依頼するものです。ですから弔辞を依頼されたら断らずに引き受けるようにしましょう。

弔辞は自分らしい表現で

手紙を書くような感覚で書いてみましょう。
弔辞は普段手紙を書くような感覚で、話かけるように書くと素直な気持ちが表現できます。正式には奉書紙を使用しますが、便箋に書いてもかまいません。
弔辞と聞くと、改まった文章でなくてはいけないようなイメージになりがちですが、堅苦しい言葉を使う必要はありません。お決まりの文句を並べるよりも、自分らしい言葉で素直な気持ちをそのまま声にして伝えるほうが、何倍も心のこもったお別れになります。

限られた時間しかないのに、あれもこれもと欲張りすぎて文面に入れてしまうと何を伝えたいのかわからない文章になってしまいます。時折、故人の功績を時系列に並べて話すだけの弔辞もありますが、それよりも誰も知らない故人とのエピソードや、故人の人柄を彷彿させるような話のほうが温かみがありますし、故人を慕っている気持ちが遺族や参列者にもきっと伝わるはずです。

弔辞は長ければいいというものではありません。ゆっくり読んで3分ほど、400字詰めの原稿用紙で2枚~3枚くらいにおさまる長さが適当です。巻紙に薄墨で書いて奉書紙に包むのが正式な作法ですが、社葬や団体葬など形式にこだわる葬儀でなければ便箋に書いたり、パソコンで書いてプリントしたものでもかまいません。その場合は白い封筒に入れておきます。

忌み言葉について

忌み言葉とは、「重ね重ね」「かえすがえす」など同じ言葉を重ねたものや、「再び」「また」「続いて」など死があたかも次々に連鎖するようなイメージを与えるような言葉のことを言い、葬儀の際はこの忌み言葉を避けるようにする習慣がありました。死を忌み嫌った時代には、忌み言葉は敏感に受け止められがちでしたが、現在は死は避けてとおれないものであり、それを受け止めるべきという考えの風潮に変わっています。忌み言葉を抑えておくことは大切ですが、それにとらわれすぎると、自分の言葉どころか真心のこもった弔辞を捧げることはできません。

次ページでは現場での弔辞の手順について説明します。