英語のつづりと音の関係はややこしい!

あなたは英文をスラスラ読めますか? つづりを見ただけで、正しい発音が思い浮かびますか?

意味は分かるけど、キチンと発音できない単語が多くありませんか? 発音をおろそかにしていると、なかなかしゃべれるようにならないんです
意味は分かるけど、キチンと発音できない単語が多くありませんか? 発音をおろそかにしていると、なかなかしゃべれるようにならないんです
考えてみると、学校で英語の読み方をキチンと教えてもらった記憶はあまりありません。

「hat」は「ハット」なのに、「hate」は「ヘイト」。後ろに「e」があるかないかだけで、何故そんなに発音が違うの?! そんな疑問に明確に答えてくれる先生なんてほとんどいませんでした。

仕方なく丸暗記を繰り返しているうちになんとなくルールが分かってくるわけですが、うまくルールを見つけられず、ローマ字とこんがらがったりして、英語の読みがどうしようもなく苦手な人が(男子学生を中心に)学校にたくさん存在したように記憶しています。

文字と音が一対一で対応するひらがなと違い、英語の文字は一致する可能性のある音が複数あるため、つづりを見ただけではなかなか正しくパターンマッチングができない=正しい音が想像できないのです。このつづりと発音の関係で悩んでいるのは日本人だけではありません。ネイティブも実は苦労しているのです。


自分で本が読めないネイティブの子ども

英語圏の子どもは日本の子どもに比べて、自分ひとりで本を読み始めるのが遅めと言われます。その理由は英語のつづりと音の関係が複雑だからなんです。

そこで英語圏の教育現場では、子どもたちが早くラクに英語のつづりと音の関係を理解できるように教え方に工夫が凝らされています。その中で、私が「学生の頃に知りたかった!」と思わずにいられなかった2つの方法、「フォニックス」と「サイトワード」についてをご紹介します。

【英語圏の子どもが英語の読み方を覚える2つの方法】
フォニックス(Page2)
サイトワード(Page3)