英国の象徴ウェストミンスターとビッグベン

国会議事堂=ウェストミンスター宮殿

テムズ川を挟んで見た国会議事堂=ウェストミンスター宮殿 ©牧哲雄

世界でもっとも有名な国会議事堂であり、近代議会の歴史を背負いつづけてきたウェストミンスター宮殿。イギリス最高の聖地にして、イギリスの歴史を築き上げた偉人たちを葬るウェストミンスター寺院と聖マーガレット教会。この3つの世界遺産は中世からイギリスを支え、いつの時代もイギリスに正義と秩序をもたらしてきた。

今回はこの3つの建物からなるイギリスの世界遺産「ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター寺院及び聖マーガレット教会」を紹介する。

ビッグベンとウェストミンスターの鐘

時計塔ビッグベン

1859年完成で、2009年に150周年を迎えたロンドンの象徴、時計塔ビッグベン ©牧哲雄

日本でも学校や街でよく聞く、始業や終業、帰宅を知らせる「キンコンカンコーン」のチャイム。あの鐘の音を「ウェストミンスターの鐘」という。

ロンドンの象徴、ウェストミンスター宮殿の時計塔ビッグベン。文字盤の大きさは、直径約7m、長針は4mを超え、短針は3m弱。いまだに手動ゼンマイ式のこの大時計は、15分ごとに鐘の音を鳴らし、正午にはロンドン中にウェストミンスターの鐘を鳴り響かせて、人々に時の流れを知らせている。

この時計の誤差は、わずか1秒未満。正義と秩序を重んじたイギリスは、最高権力者である国王の宮殿であり、現在は国会議事堂と最高裁判所をも兼ねるこのウェストミンスター宮殿によって国を治め、時間の流れをも司って人々に秩序をもたらそうとした。