映画の都ハリウッドが最も活気づく映画賞授賞式シーズン。アカデミー賞の前哨戦と名高いゴールデン・グローブ賞の授賞式が2006年1月16日、ビバリーヒルズのヒルトンホテルで開催されました。

ゴールデン・グローブ賞は、ハリウッド外国人映画記者協会(Hollywood Foreign Press Association / HFPA)の会員によって選定される映画賞。今年ノミネートされたのはSF技術を駆使した超大作よりも、社会問題やヒューマンドラマを描いたメッセージ性の強い作品が目立つ結果となりました。

受賞者たちの感動のスピーチ

作品賞、俳優賞、監督賞……。様々な部門で栄誉を称えられた受賞者たちは、壇上で感謝と喜びのスピーチを行います。それぞれが映画製作中のエピソードを語る中、特に印象深いスピーチを行った受賞者の言葉をいくつかご紹介します。

image
助演男優賞を受賞したジョージ・クルーニー。© HFPA / 63rd Golden Globe Awards




It's a privilege to be here. -George Clooney
「ここにいることができて光栄です」-ジョージ・クルーニー
(『シリアナ』)で助演男優賞受賞)


image
助演女優賞を受賞したレイチェル・ワイズ。© HFPA / 63rd Golden Globe Awards




Goodness, so many people to thank! -Rachel Weisz
「あらまぁ、本当にたくさんの人に感謝しなくては(感謝しなくてはならない人がたくさんいるわ)!」 -レイチェル・ワイズ
(『コンスタント・ガーディナー』で助演女優賞受賞)


image
TV部門助演女優賞を受賞したサンドラ・オー。© HFPA / 63rd Golden Globe Awards




I feel like someone set me on fire! -Sandra Oh
「誰かに火をつけられたような気分です!」 -サンドラ・オー
(『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』でTV部門助演女優賞受賞)


ユニークなスピーチで会場を沸かす受賞者たち

思い思いの謝辞を述べる受賞者たちですが、中には一風変わったスピーチで会場を笑いに包むサービス精神旺盛の受賞者も。特に大きな笑いを誘ったのは、『コマンダー・イン・チーフ』で米国初の女性大統領役を演じ、TVドラマ部門主演女優賞を受賞したジーナ・デイビス。スピーチを始める前、彼女は実に微笑ましいハプニングエピソードを壇上で語り始めました。

image
TVドラマ部門で主演女優賞を受賞したジーナ・デイビス(Geena Davis)。© HFPA / 63rd Golden Globe Awards
As I was coming in, I felt a little tug at my skirt, and I looked it. It was a little girl maybe 8 or 10, in her first party dress, and she said "because of you, I want to be president someday…."
「ここに来る途中、何かにスカートを引っ張られた感じがして。見てみると8歳か10歳くらいの小さな女の子だったんです。初めてのパーティードレスを身にまとい、私にこう言うんです、『いつか、あなたのような大統領になりたい』って……」

そこで会場からため息まじりの感動の声が漏れたとき、彼女が付け足した言葉は……

That didn't actually happen….but it could have.
「嘘ですけどね。……ありえないこともないでしょう?」

先走った妄想を交えたスピーチで会場の緊張をほぐし、大きな笑いをつかんだデイビスでしたが、彼女に負けず劣らずの痛快なスピーチを展開したのは『ハウス』でTVドラマ部門主演男優賞を受賞したヒュー・ローリー。「お礼を言いたい人をリストにしたら、172人もいたんです」とまずはつかみの言葉をつぶやき、こう続けました。

image
TVドラマ部門で主演男優賞を受賞したヒュー・ローリー(Hugh Laurie)。© HFPA / 63rd Golden Globe Awards
I wrote down 172 names, put them on little individual pieces of paper, I have them in my left hand, trouser pocket, I'm just going to draw up 3 in random.
「だから、172人の名前を小さな紙切れに一つずつ書いたんです。それをズボンのポケットに入れて、左手で握ってるんですが、今適当に3つ選んで読み上げますね」


言うなりポケットを探り、本当にランダムに選んで淡々と名前を読むローリー。大真面目を装う冷静な姿に、ますます会場は大きな笑い声を響かせていました。

第63回ゴールデン・グローブ賞 全受賞者リストはこちら。

【関連記事】
  • 保存版! スピーチで振り返る第78回アカデミー賞受賞式