寄木細工の狩猟の間

写真をクリックすると次の写真に進みます
古城街道の町コーブルク
壁も天井も家具も全て木製の狩猟の間


寄木細工と木彫刻で壁と天井が埋め尽くされた部屋。部屋そのものが芸術品です。カジミア公爵の狩猟の間として作られました(1632年完成)。

博物館にはこの他に、デューラー、クラーナッハ、グリューネヴァルトなどのドイツ画家の作品、中世後期の彫刻品、16~17世紀の武器や武具などが展示されています。

それでは最後に、城塞の上からコーブルク周辺の景色を眺めてみましょう! 次のページ