エーレンブルク城

写真をクリックすると次の写真に進みます
古城街道の町コーブルク
ネオゴシック様式のエーレンブルク城


マルクト広場のすぐ近くにあるエーレンブルク城(Schloss Ehrenburg)は1547年に建設され、代々のコーブルク公爵の居城として使用されてきたお城。1690年にはバロック様式に改築、19世紀にはエルンスト1世によりネオゴシック様式のファサードが作られ、現在の姿となります。

内部では華麗なバロックホール、豪華なシャンデリアや家具、時計などパリからの調度品、クラーナッハの絵画などが見学できます。エルンスト1世の時代以降、政略結婚が盛んに行われ、ザクセン=コーブルク=ゴータ家が様々な外国とつながりを持っていたことが、城内に飾られている数多くの肖像画から分かります。

古城街道の町コーブルク
マルクト広場に立つアルベルト王子の像
1840年にコーブルクのアルベルト王子と結婚した英国女王ヴィクトリアの部屋もあります。ここには当時最新であった女王専用のイギリス製水洗トイレもあるんですよ。ちなみにマルクト広場に立っているアルベルト王子の像は、夫の死後、ヴィクトリア女王がコーブルクへ寄贈したものです。

【DATA】
エーレンブルク城 Schloss Ehrenburg
※ガイドツアーでの見学のみ(ドイツ語)
ガイドツアーの時間:4~9月 9:00から17:00まで1時間ごと
             10~3月10:00から15:00まで1時間ごと
休館日:毎月曜日、1月1日、12月24・25・31日
料金:大人4ユーロ  子供・学生65歳以上 3ユーロ
    18歳以下の子供は親同伴の場合無料

次のページでは、いよいよコーブルク城塞へ行きます!