白ソーセージの正しい食べ方

白ソーセージ(ヴァイスヴルスト)
白ソーセージは横に長く切ります。「輪切り」はツウに言わせると”邪道”
最初のページで「白ソーセージの皮は取る」と書きましたが、生粋のミュンヘン人は白ソーセージを食べる時、フォークもナイフも使いません。手でソーセージを持ってマスタードを付け、皮から中身を吸い込むようにして食べる……これがツウの食べ方とされています。決してお行儀が良いとは言えません(笑)。

フォークとナイフを使っても良しとされていますが、この場合には推奨される食べ方があります。それは、ナイフでソーセージに横に長く切り込みを入れ、フォークとナイフで一口分ずつ皮からはぎ取って食べるという方法。

最初に皮を全部取りソーセージを輪切りにして食べるのは、ツウに言わせると邪道だそう(キビシイです……笑)。またケチャップをつけるのはもっと邪道!とされています。「ケチャップください」なんて頼んでしまうと、お店の人からお叱りを受けるかも?!

白ビール(ヴァイスビア)
白ソーセージにはフレッシュな白ビールがピッタリ
そして白ソーセージのお供はブレッツェル(塩の付いたパン、別料金)と決まっています。ザワークラウト(キャベツの塩漬け)やポテトサラダなどを付けるのは、これまた邪道なんだそうです。これにフレッシュな味わいの白ビール(小麦入りのバイエルン特産ビール)を合わせれば、完璧な「白ソーセージ朝食」のできあがり!

少し遅めの朝食としてこのメニューを食べることが多いようですが、でも午前中からビールってすごいですよね……。ドイツの中でも特にビールをよく飲むバイエルン地方らしいメニューです。実際、早い時間帯からビールを飲んでいる人を見ることは珍しくないんですよ。特に夏の天気のいい日には、お昼前からビアガーデンでビールを楽しむ人たちの姿をよく見かけます。でも午前中からビールが飲めなくてもこれは普通なので、白ソーセージに他の飲み物を頼んでも大丈夫です。


白ソーセージのオーダーはお昼ごろまで

ドイツレストラン
レストランでは、白ソーセージはお昼ごろまでしか出していないところも多い
「白ソーセージに正午の鐘を聞かせてはならない」という言い習わしがあります。これは、「白ソーセージは午前中のうちに食べなければならない」という意味。冷蔵庫のなかった時代、日持ちしない白ソーセージはその日の朝に作り、できるだけ新鮮なうちに食べなければならなかったのです。

冷蔵のできる現代では2~3日は持つのですが、「白ソーセージを午前中に食べる」という風習は今でも残っています。営業時間を通して夜まで白ソーセージを注文できるレストランもありますが、お昼の12時まで、または14時頃までしかオーダーできないところも多いです。時間内でも、その日の分はもう終わってしまっている場合もあるので、お店に入ったらまず「白ソーセージはありますか?」と聞くのが良いでしょう。



白ソーセージと甘いマスタードに、ブレッツェルと白ビールを添えたミュンヘンの朝食。地元の多くの人が、「この組み合わせ以外は考えられない!」と強いこだわりを持つ名物です。みなさんもぜひ味わってみてくださいね。ミュンヘンのドイツ料理レストランなら、普通どこでも食べることができます。

【関連記事】
  • ドイツで出合える美味しいもの

  • 芸術とビールの町ミュンヘン


  • 【関連リンク】
  • ドイツ料理/パン/スイーツ

  • ミュンヘンと南ドイツ
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。