ミュンヘンの中心部の見どころを徒歩で案内してくれる

 

         ミュンヘンの中心部


バスでの観光の良さは、短時間で効率よく、遠く離れた見どころを結びながら、めぐることができるところですよね。

では、狭い範囲に見どころが集中しているようなところは? やはり歩いてまわるのが一番! 旅先での散策と発見は、旅の醍醐味でもあります。

でもガイドブックとにらめっこしながらだと、なんだかリラックスして楽しめないし、必見の観光スポットにとらわれすぎて、街の素顔を味わえなかったり、「意外な発見」を逃してしまう可能性も……。

そこでおすすめなのがこのツアーです。ベテランの日本語ガイドさんが、「住んでみなければわからない」情報とともに、ミュンヘンの中心部の見どころを、徒歩で案内してくれます。

マリエン広場に集合後、めぐるポイントは、新市庁舎、アザム教会、ミヒャエル教会、ルートヴィッヒ2世の霊廟、オデオン広場、宮廷公園、マックスヨゼフ広場、ナショナル劇場、レジデンツ博物館、マキシミリアン通り、アルターフォーフ、青空市場・ヴィクトリアーリエンマーケット、聖ベター教会……と、とにかく盛りだくさん!

ミュンヘンに着いた初日に参加すれば、この街の概要をつかむことができ、あとの行動がスムーズにできそう。ガイドさんに現地の旅行アドバイスや情報をいろいろ聞くのもいいですね。

<DATA>
■歩いてわかるミュンヘン 旧市街散策半日観光ツアー
取扱会社:JTB FRANKFURT OFFICE
ホームページ(Alan1.net):歩いてわかるミュンヘン 旧市街散策半日観光ツアー

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。