日本でも最近注目されてきているドイツのクリスマス。12月は、寒いけれど町じゅうに笑顔が溢れ、温かい雰囲気につつまれる素敵なシーズンです。冬に旅行をお考えなら、本場ドイツのクリスマスを体験してみるのはいかが?

【クリスマス関連記事】
  • 天使に会えるアウクスブルクのクリスマス市

  • ドイツ・クリスマス市巡りの旅

  • 今年こそ行きたい!ドイツのクリスマス市


  • ドイツ人が毎年楽しみにしているクリスマス市

    ドイツのクリスマス市
    クリスマス市でグリューワインを飲みながらおしゃべりする人々

    クリスマスの約1ヵ月前から、各町の中心広場でクリスマス市(Weihnachtsmarkt ヴァイナッハツマルクト)が開かれます。世界的に有名なのは、大規模なニュルンベルクのクリスマス市。最近では日本からのツアーにもよく組み込まれています。

    ドイツのクリスマス市
    クリスマス市の露店には見ているだけで楽しい小物がいっぱい
    広場いっぱいに所狭しと立ち並ぶ露店では、小物から食べ物まで様々なものが売られています。ローソク、陶器、民芸品、木のおもちゃ、ウールの靴下や帽子、ドイツ伝統の刃物、ミニチュア製品などなど、挙げていたらきりがないくらい。食べ物の方は、ドイツ名物の焼きソーセージや駄菓子に、たくさんの種類のクリスマス菓子。その場で食べ歩きできるものから、おみやげに買って帰れるものまでいろいろ揃っています。代表的なクリスマス菓子については次のページでご紹介します。

    ドイツのクリスマス市
    ニュルンベルクにはメイン会場の他に、かわいい乗り物がある子供のためのクリスマス市も ※クリックすると拡大写真が見られます
    それからもう1つ、クリスマスに欠かせないのはグリューワイン(Glühwein)。これは、シナモン、レモン、クローブなどのスパイスが効いた甘いホットワインのこと。ドイツ人にとって「クリスマス市=グリューワイン」というくらい、みんなが大好きな飲み物です。12月の広場は、凍えるほど寒い中、これを飲みながら仲間とおしゃべりする人でいっぱい。みなさんも、クリスマス市に行ったらぜひこのグリューワインを試してみてください。体も温まるし、ドイツのクリスマス気分に浸れること間違いなしですよ!

    クリスマス市の開催日程

    ドイツのクリスマス市
    ミュンヘンの中心広場「マリエンプラッツ」で開かれるクリスマス市
    クリスマス市の開催日程の詳細は町ごとに毎年異なりますが、基本的に11月下旬~クリスマスイブあたりまで。イブより前の12月21~23日ごろに終わるところが多いようです。旅行日程がクリスマス市と重なるか微妙な人は、事前に各町のホームページなどで調べてから行くと良いでしょう。
    ※「www.○○○.de」の○○○の部分にドイツ語で町の名前を入れると、その町の公式ページにいけます。ウムラウトがある場合は、ä→ae、ö→oe、ü→ueと入力。例:ミュンヘン市のホームページは「www.muenchen.de」

    日曜日はお店は完全休業のドイツですが、クリスマス市は日曜日も期間を通してやっています。露店の営業時間は朝10時前後~夜20時前後。

    次のページでは、とっても美味しいドイツのクリスマス菓子や、深夜のクリスマスミサをご紹介!