ドイツのプラグはC型、旅行の際は変換プラグを忘れずに

ドイツのコンセント・電圧・プラグ・変圧器事情

ドイツのプラグはC型。日本の電化製品を使う場合は変換プラグが必要です

ドイツのプラグは丸っこいピンが2本付いている「C型」が一般的。日本のA型プラグとは形が異なるため、ドイツで日本の電化製品を使う場合は必ずC型の変換プラグが必要になります。海外旅行に欠かせないデジカメやスマートフォンを充電する時にもそのままではプラグがコンセントに入らないのでC型変換プラグに挿入して使いましょう。
ドイツundefinedコンセントundefinedプラグundefined電圧undefined変圧器

C型変換プラグ(写真左)

海外旅行用の変換プラグは、日本の家電量品店や100均ショップ、空港の旅行用品を扱うショップで購入可能。欧州ではドイツ以外にも、フランス、ベルギー、イタリア、スペイン、ポルトガル、クロアチア、北欧などC型プラグの国が多いのでヨーロッパ周遊旅行をする時にもたいていの国で使えます。韓国やベトナム、インドネシアなどアジアの国々でもC型は多く使われているのでひとつ持っておくと便利ですよ。
 

ドイツのコンセントの形状

plug3

ドイツのコンセントは丸型が多い。写真はスイッチで電源オフできる延長コード

ドイツのコンセント(プラグを挿入される側)は丸く穴が空いている形状のものがほとんど。ドイツ製電化製品のプラグには丸型と平べったい形のものがありますが、写真の延長コードを見ていただくとわかるように、どちらの形でもさしこめるようになっています。ちなみにこのタイプの延長コードはスイッチで電源をオフにできるので節電にも役立ちます。
 

ドイツの電圧と変圧器

plug4

ものすごく重い変圧器。デジカメやスマートフォンなど海外対応の電子機器なら必要ありません

ドイツの電圧は230Vです。日本の電圧は100Vなので、ドイツで日本の電化製品を使う場合は基本的には変圧器が必要。ですが、最近はデジタルカメラやスマートフォン、ノートパソコンなどの電子機器は海外の電圧に対応しているものが多くなっています。この場合は変圧器は必要なく上記の変換プラグがあればドイツでも使用可能。手持ちの機器が海外対応器かどうかはアダプターに付いている表示の「INPUT」のボルト数値(たいてい100~240Vとなっています)でチェックできるので旅行前に確認しておきましょう。

さて海外対応していない電化製品をドイツで使う場合はどうするかというと、写真のような変圧器が必要になります。ただしこの変圧器、びっくりするほど重い代物。現地在住の日本人は日本から持参した炊飯器などで使っている人も多いようですが、ふつうに旅行をするぶんにはまず必要ないでしょう。

【関連記事】


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。