独特なフォルムは、モダンな空間にベストマッチ。
ザミオクルカス ザミーフォリア

あまり聞きなれない名前の植物かもしれませんが、シダのような形をした、肉厚で光沢のある葉が、むくむくと立ち上がっている姿は、まるでオブジェのようです。モダンな空間によくマッチするので、ガイドお気に入り品種のひとつです。
ザミオクルカスザミーフォリア

植物自体は、あまり背が高くならず、ボリューム感もないので、広い室内などにそのまま置いても、それほど効果を感じません。むしろ写真のように、背の高い鉢カバーに合わせると、独特のフォルムが活きてきて、廊下や洗面所などの狭い空間印象的に演出することができます。

サトイモの仲間で、比較的暗い室内でも育てることができ、乾燥にも強いので、あまり、植物に手をかけることができないという方にもおススメの品種です。


アジアンテイストからモダン和風まで。
クワズイモ

太くて短い茎と、大きな葉が印象的なサトイモ科の植物です。これは、季節を問わず、根強い人気がある品種です。
クワズイモ

ぐっと曲がった茎と大きな葉が、アジアンテイストの空間に良く合うので、エスニックの店などでよく見かけますね。また、写真のように、鉢カバーをうまく選べば、ちょっとモダンな和の空間にも、不思議とマッチします。

ちなみに、「クワズイモ」という名前の由来は、地上部はサトイモと良く似ているのに、根の部分には毒があって食べられないからだといわれています。

買ってから、すぐに枯らさないためには・・・

ところで、大抵の観葉植物は、明るい室内であれば、問題なく生長していきますが、やはり、品種によって、向いている環境と向いていない環境があります。せっかく買ってきた観葉植物が、部屋の環境に合わずに、すぐにダメになってしまったという経験がある方もいらっしゃるでしょう。

そういった失敗をしないためには、まず、部屋のどの位置に置くかを決めて、その部分が、1日何時間くらい日が当たるかなどの環境を把握しておくことがポイントです。そして、その空間のイメージに合う、形やサイズを選ぶと同時に、その環境にあった品種を、お店の方に尋ねたり、ネットで調べたりした上で、品種を決定すれば、間違いないでしょう。あとは、水やりに気をつけて、病気や害虫が発生しないように気をつけてあげれば、長い間楽しむことができます。

【関連ガイド記事】
・観葉植物に、水のやりすぎは禁物!
植物はいじめた方が良く育つ?水やりの基本

【関連記事】
・インテリアに合った鉢カバーのことなどが、詳しく書かれています。
夏こそオシャレな観葉植物でセンスアップ

【関連サイト】
・品揃えの豊富さはもちろん、管理方法などの説明が丁寧なので、おすすめです。
観葉植物の通信販売(通販) MAKIMO PLANT

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。