「ヤマアジサイ」ってご存知ですか?一般的に、「アジサイ」と呼ばれているものは、日本のアジサイをヨーロッパで改良したもので、「セイヨウアジサイ」とも呼ばれ、ブルーやピンク色の大きな手まり状の花が特徴です。

一方、「ヤマアジサイ」の仲間は、本来の日本の原種の面影を残しつつ、品種改良されてきたものです。花は、セイヨウアジサイのような豪華さはないのですが、深い色合いをしたもの、咲き進むにつれて色が変化していくものなど、味わい深い品種が多いのが特徴です。また、株の大きさ自体もコンパクトで、葉も小さめなので、寄せ植えに向いていますし、都心の小さな庭やベランダにもなじみやすいので、最近、おすすめしている品種のひとつです。


深い色合いをしたヤマアジサイに、グレーの鉢を合わせて、シックな寄せ植えに


寄せ植えを作る場合、植物同士の色や形の組み合わせを考えて選ぶということは、皆さんもご存知のとおりですが、さらに、鉢の色やフォルムと、植物との組み合わせにも気を使えば、より、センスの良い寄せ植えに仕上がることでしょう。

それでは、作り方を説明していきます。