ロングステイに人気の街・チェンマイでの滞在中の楽しみ方を、達人たちに聞きました。駆け足の旅では知ることのできない愉悦の数々が、チェンマイにはあるようです。


ゴルフ三昧に最適のチェンマイ

メイジョーGC
整備の行き届いたチェンマイのゴルフ場
タイの玄関口バンコクから、飛行機で北へ1時間。タイ第二の都市チェンマイには、格式のあるゴルフクラブからスパ併設の近代的なリゾートやお得なショートコースまで、ゴルフを楽しむ環境が整っています。

市街から車で1時間圏内、代表的な8つのゴルフクラブはいずれも景観も美しいグリーンと、起伏に富んだコースが特徴。各国からゴルフ好きが訪れるだけあり、質の高いゴルフライフがエンジョイできます。

また、バンコク近郊に比べ物価が低く、予約が取りやすいのも人気の理由。ビジターの場合、平日のグリーンフィーは、おおむね600~1000バーツ程度。キャディーフィーは200~300バーツ程度(1バーツ=約3.3円)と、とにかく格安。会員権も安く流通しているので、メンバーになる日本人ステイヤーも多数見受けます。日本円にして50万円も出せば、結構なクラスのクラブメンバーになれるとあって、会員権売買の問い合わせも相次いでいるようです。

ちなみに、キャディーさんへのチップの相場は、ひとりにつき100~150バーツ。日本とは比較にならない安さです。

【関連記事】
チェンマイ・ゴルフ事情


>>次のページは「古都の文化や自然に触れる&無料情報誌の活用」です