「微笑みの国」といわれるタイ。仏教国であるだけに、わたしたち日本人にも親しみやすく、さらに物価は日本の5分の1! タイの暮らしやすさに多くの日本人が、首都バンコクをはじめ、チェンマイやビーチリゾートに滞在しています。タイには、長期滞在者にうれしいロングステイ・ビザや年金ビザという査証制度だけでなく、「エリート」とよばれる外国人専用の会員制エリートクラブがあります。

今回は、まだ、あまり知られていないタイランドエリートをみなさんにご紹介します。


タイランドエリートとは?

空港
バンコク空港にはエリートの大きな看板が
タイランドエリートとは、世界初の政府公認・外国人のための国家メンバーシップです。2003年にタイで制定された法律に基づき、タイ国の観光産業促進を目的に誕生しました。7種類の会員カテゴリーには5年、10年、20年のものがあり、カテゴリーに応じた様々な特典が用意されています。

最大の特典!5年間の観光ビザ

タイランド・エリートカードの特典のひとつに5年マルチプルビザの発行があります。5年マルチプルビザ所有者は、何回でもタイへの入国が可能で、一回の入国につき1年まで滞在できます

10年のメンバーは1回、20年のメンバーは3回の更新が可能です。メンバーのビザ申請は、メンバーサポートへの電話一本で行うことができ、面倒な書類の提出は必要ありません。