リタイアリーに人気の国・オーストラリアでは、新会計年度の2005年7月1日より、従来のリタイアメント・ビザ制度を廃止。条件もあらたに投資家リタイアメント・ビザとして生まれ変わりました。


元祖・悠々自適の海外暮らし

コアラ
ケンドーンやコアラグッズ&カモノハシ「カモネ」も人気のお土産
セミリタイア
という言葉をわたしたちに知らしめたのは、かの有名な大橋巨泉さんでした。オーストラリアやニュージーランド、カナダに旅行したおり、巨泉さんが経営するOKギフトショップでみやげ物を買い求めたことがあるひとも多いはずです。かくゆうガイド千葉も、添乗員時代、たいへんお世話になりました。

日本が暑い夏の時期は緯度の高いカナダで暮らし、冬の寒い時期は南半球のオーストラリアやニュージーランドで過ごす。
そうです、巨泉さんこそ「これぞ憧れのライフスタイル!」を実現した、元祖セミリタイアリーであり、投資移民でもあるのです。

豪州リタイアメント・ビザ制度が廃止に

オーストラリアの会計年度は7月1日から翌年6月末日まで。新年度が4月から始まる日本とは異なりますから注意してください。
2005年度より、従来のリタイアメント・ビザ(サブクラス410)が廃止となり、新たな制度としてInvestor Retirement Visa 投資家リタイアメント・ビザ(サブクラス405)が登場しました。

「早期退職したらインベスター(投資家)としてオーストラリアに渡る」
そうした選択肢も、悪くないかもしれません。

ちなみにオーストラリアのリタイアメント・ビザは、従来から財政条件のバーが高いことで知られていましたが、新たな投資家リタイアメント・ビザも相当の資産提示が求められています。