H.264変換でDVDにHD映像をダビング


地上波デジタル放送は高解像度なハイビジョン放送が魅力です。しかし、従来はデジタルチューナー搭載DVDHDDレコーダーでも、次世代DVDレコーダーでも、地デジ録画をDVDにダビングすることはできませんでした。これは地デジ録画(MPEG2)のデータ量が大きすぎて、DVDの容量では実用的な時間、録画することが難しかったのが1つの原因です。

しかし、最近のレコーダーではMPEG2データをより圧縮率の高いH.264形式に変換することで、より長時間の録画を可能にする機種が登場してきました。なかでも、この冬に登場したDIGA(ハイビジョンDIGAでもブルーレイDIGAでも)と、東芝「RD-A301」ではDVDへのHD録画を可能にしています。新DIGAのH.264変換機能は「AVCREC」、東芝RDのH.264変換機能は「HD Rec」という規格で、残念ながら相互に互換性はありません。なお、HD RecではDR録画をDVDに録画することも可能になっています。

さて、今回はブルーレイDIGAのBW800のAVCREC機能で、地デジHD録画のDVDへのダビングを試してみました。
BW800
新ブルーレイDIGAの中位モデル「DMR-BW800」(オープン価格)。



■Contents
1. AVCRECの変換モードは3種類
2. AVCREC変換可能な場合とそうでない場合
3 柔軟性の高いDR録画だが
4. AVCREC録画ならHD録画を高速ダビング可能
5. HD録画専用のディスクフォーマット
6. AVCRECダビングの実際
7. BD-Rの1/3以下のコストでHD録画をダビング

次ページではAVCREC変換モードとDVD収録可能時間などについて説明していきます。