録るだけじゃない、編集もできるレコーダー

ビデオファイルを分割したり、本編だけのビデオを作成するなど、自分の見たいシーンだけのビデオを作成するのに活躍するのが編集機能です。

この面でリードしているのは東芝のDBR-Z160などとソニーのBDZシリーズで、特に東芝レコーダーは編集機能で高い評価を得ています。

【ガイドおすすめレコーダー】
・ソニー BDZ-AT970T
ソニーBDZシリーズはチャプタ編集、カット編集、分割・結合などの必要十分なビデオ編集機能を搭載しているが、さらにそれらが扱いやすいユーザーインターフェースを持っています。単にカタログに機能が並んでいるのではなく、それらはビギナーでも使いやすいものであるのが魅力です。



・東芝 DBR-Z160
精密な編集機能が魅力。プレイリスト機能によって、自分好みの映像だけのディスクを作成することができる。また、録画をチャプタ単位でパーツとして扱い、プレイリスト作成、ディスクを作成できるユニティエディット機能が便利。



ダビング機能に関しては最近のレコーダーの多くは、初心者でも扱いやすいモードと通常モードの2つのモードを持つものが増えています。なかでもDIGAのおまかせダビングは初心者に使いやすいものです。ソニーはダビングモードを1つしか持ちませんが、使いやすく、初心者にも扱いやすいものになっています。


【関連サイト】
・ソニー BDZ-AT970T
・東芝 DBR-Z160

参考 メーカー別レコーダートレンド:ソニー編>>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。