DVDダビングの落とし穴「ファイナライズ」

DVDHDDレコーダーでDVDに作成したダビングディスクが、ダビングディスクを作成した機種では再生できるのに、他の機器で再生できないというトラブルが起きることがあります。そのおもな原因は「ファイナライズ」、あるいはプレイヤー側の対応ディスクの問題です。今回は、このファイナライズについて紹介していきます。

ファイナライズしないと読めないのはなぜ?

通常、DVDHDDレコーダーではDVD-VR(ビデオレコーディング)形式でビデオ記録を行います。これは追記が可能な記録形式であり、ユーザーは空き容量があれば、あとから追加で録画を記録できます。そのため、そのファイル情報は確定的なものではありません。このファイル情報を確定し、多くのDVDプレイヤーでの再生互換性を高める処理が「ファイナライズ」なのです。

DVDHDDレコーダーは自分で作成したディスクに関してデータベースを持っていて、そのデータ記録情報位置を記録しています。そのため、そのディスク内のデータに適確にアクセスし、再生することができます。また自分で作成したディスクでない場合でも、多くの場合、ディスクデータを解析し、読み込むことができるのです。

これに対して、多くのDVDプレイヤーの場合、DVDディスクに明確なファイル情報がない場合、そのディスク内のデータを正確に読み出せないのです。そのため、ファイナライズしていないDVDを再生できないということが発生するわけです。
未ファイナライズでも、作成したレコーダーでは再生できる

未ファイナライズでも、作成したレコーダーでは再生できる