DVDとブルーレイ、いったいどこが違うのでしょうか?

DVDとブルーレイ、いったいどこが違うのでしょうか?

レコーダーの主流はDVDHDDレコーダーからブルーレイHDDレコーダーへと移行しています。今回はブルーレイディスクがDVDとどこが違うのか、さらに 最近登場した新しい規格であるBDXLやブルーレイ3Dについて解説します。

 

ブルーレイの映像って、なんでキレイなの?

テレビコマーシャルなどで「ブルーレイ(Blu-ray)の映像は美しい」というアピールがしばしば見られます。DVDとブルーレイディスクの映像の美しさの違いは、その映像を構成する色の点の数の違い、いわゆる「解像度」の違いです。ちなみにDVDビデオの解像度は720×480ドットで、市販ブルーレイディスクの解像度は1920×1080ドットになります。


ブルーレイの容量はDVDの約5倍

より多くのデータを記録できるだけあり、ブルーレイディスクの記録容量は1層メディアで25GBになります。これは1層で4.7GBであるDVDの約5倍になります。

多層化をあまり考慮していなかったDVDが2層メディアが限界であるのに対して、ブルーレイでは現在、3層以上の記録型メディアが実用化されており、近い将来には、さらに大容量の4層のメディアが発売される予定になっています。


さらに大容量になったBDXLとは?

シャープ製BDXLメディア。3層で100GBの容量を記録できます

シャープ製BDXLメディア。3層で100GBの容量を記録できます

この多層型のディスクは現時点では記録型だけがあり、BDXLと呼ばれています。BDXLは、1回しか書き込みができないBD-Rでは3層タイプと4層タイプ(4層は未発売)がありますが、書き換えが可能なBD-REタイプでは3層だけがあります。ちなみに3層の容量は100GB、4層は128GBになります。

 
最初に発売されたBDXL対応レコーダーは、2010年7月に発売されたシャープのBD-AV70ですが、2010年末に発売されたレコーダーの多くはBDXLドライブを搭載するようになっています。2011年のブルーレイレコーダーのメインストリーム機では標準対応になると考えられます。

sh

厚さ35mmで縦置きにも対応した、シャープ BD-AV70