HD録画専用のディスクフォーマット


通常、DVDHDDレコーダーでDVDを扱うにはVR形式のフォーマットを使います。これに対して、AVCREC形式で記録するためにはAVCREC形式のフォーマットが必要になります。VR形式でフォーマットされたDVDにはAVCREC形式のHD録画をダビングすることはできません。逆にAVCREC形式でフォーマットされたディスクにはVR形式の映像を録画することはできません。

なお、AVCREC形式で記録された録画の再生はAVCREC対応機器に限られます。ちなみにAVCREC形式のフォーマットは、普通のフォーマットと同じく「操作一覧」>「その他の機能」>「DVD管理」の「フォーマット」で行うことができます。
BW800
フォーマット画面にはAVCREC対応フォーマットが追加された。


AVCRECダビングの実際


DIGAには設定を自動的に行ってくれる「おまかせダビング」と、ユーザーが設定をしてダビングする「詳細ダビング」の2つのダビングモードがあります。AVCREC形式でのダビングは「おまかせダビング」でも「詳細ダビング」でも行うことができます。ただし、AVCREC形式でダビングするには、事前にディスクをAVCREC形式でフォーマットしておく必要があります。

AVCREC形式でDVDダビングする場合、容量の関係から1~2番組をダビングする場合が多いと思うので、詳細ダビングよりおまかせダビングのほうが手軽に使えていいでしょう。おまかせダビングでは、DR録画をダビングする場合、録画時間に応じた最適なAVCRECの録画モードを自動的に設定してくれるので便利です。なお、容量が不足してダビングできない場合は、警告メッセージが表示され、ダビングを実行できません。

BW800
「操作一覧」で表示されたメニューで、「ダビングする」を実行すると、おまかせダビングが起動します。

BW800
目的のタイトルをリストから選択し、決定します。

BW800
選択した録画がDR録画の場合、変換が必要なので、1倍速でダビングするというメッセージが表示されます。確認して決定します。

BW800
ダビング開始の確認が表示されるので、「ダビング開始」を選択して決定します。これでダビングが実行されます。なお、録画時間に合った録画モードが自動的に選択されます。

BW800
ダビング中は終了予想時間と経過時間が表示されます。

BW800
容量不足の場合は警告メッセージが表示され、ダビングできない。



次ページではAVCREC録画のダビングなどの話をしていきます。