パンや豆もお菓子の仲間?!

ジェリービーン
カラフルなjellybeansはアメリカの定番お菓子
ここでは、お菓子にまつわる表現を見ていきましょう。「間食」という意味ではsnackが使われますが、「甘いもの」という意味ではsweetsでOKです。ただ英語では、sweetsと漠然と言うより、cake(ケーキ)、pie(パイ)、donuts(ドーナッツ)のように、具体的に名前で指すことが多いようです。それでは、次の言葉が指すお菓子は?

shortbread
「短いパン?!」なんて思っちゃいそうですが、「ショートブレッド」と言えば、スコットランドの有名なお菓子ですね。バターがたっぷりで、厚手のビスケット状になっています。日本のスーパーやコンビニでも、輸入物であるWalkersのショートブレッドがよく売られています。赤いタータンチェック柄のパッケージが目印、ぜひ探してみてください!

gingerbread
ginger(ジンジャー)は「しょうが」なので、「しょうが入りパン?!」なんて思ってしまいますが、これはクリスマスの定番お菓子の一つ、人型をしたクッキーです。ちゃんとしょうがも入っています! また、gingerbread houseと言うと、しょうが入りクッキーで作った家のことで、これも海外でクリスマスによく見かけます。

biscuit
通常お菓子の「ビスケット」ですが、スコーンのような厚手のパンを指すこともあります。ハチミツやジャム、クリームチーズなどをつけて食べます。

pudding
たいていは「プリンやババロア」ですが、ナッツを入れて焼いたケーキを指すことがあります。Christmas puddingと言えば、ナッツや果物のピールを入れて焼いた、クリスマスに欠かせないケーキですね。一方で、puddingはイギリスではソーセージのことだったりもするので、要注意です!

さて、アメリカでは、子どものころに誰もが大好きな、有名なbeanがあります。beanは「豆」という意味ですが、もちろん本物の「豆」ではありません。それは、普段こんなふうに呼ばれています。

jelly beans(ジェリービーンズ)
jellyは「ゼリー」のことなので、「豆型のゼリー」と考えるといいですね。色とりどりで、とってもきれいなのが特徴です。なお、アメリカでは「ジャム」のこともjellyといい、peanuts butter and jelly sandwich(ピーナツバターとジャムのサンドイッチ)は、子どもたちの大好きなお弁当メニューなんだそうです。いかにも甘そうですが、よかったらお家で試してみてください!

【関連記事】
バレンタインに海外でトクをしよう!
なぜ日本のバレンタインは女性から贈るの?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。