英語の素朴なギモンに答える「旅行英会話お悩み相談室」、今回のテーマは、「丁寧な話し方」です。英語では「丁寧に言おう」と思ったときPleaseを使う人が多いと思いますが、実はこのPlease、必ずしも丁寧になるとは限らないのです。では、実際にどんな言い方をすればいいのかを見ていきましょう。

Pleaseは命令に聞こえてしまう?

water
レストランでは水は無料ではないので要注意!
■Q 旅行中、誰かに何かをお願いしたいときには、Pleaseをつけるようにしていました。でも、あるとき「Pleaseは命令のように聞こえるからやめたほうがいい」と言われたんです。それじゃあ、丁寧に言いたいときは、何て言えばいいんでしょうか。Pleaseって、アメリカ人やイギリス人もみんな使ってると思うんですが……。

■A Pleaseは、日本語にすると「~をください」「~してください」という言い方です。確かに丁寧なように思えますが、では、日本語でこういうふうに頼まれたとき、言われたほうがどう思うでしょうか?

「水をください」
「道を教えてください」

……なんだか、敬語を覚えたての小学生みたいな言い方ですね。もし大人に言われたら、「もうちょっとちゃんとした言い方ができないのだろうか?」と感じると思いませんか?

英語でも、それは同じことです。もちろん、Water, please.(水をください)やTell me the way, please.(道を教えてください)でもいいのですが、言われたほうは、「丁寧にお願いされている」という気はしないでしょう。

普段の生活の中でこういうPleaseの使い方をして、Take a copy, please.(コピーを取ってください)、Bring me some coffee, please.(コーヒーを持ってきてください)と言ったら、どうもぶっきらぼうで、「命令されている」と取られてしまうかもしれません。

Pleaseは普通の文の前や後ろにただつければいいので、とっても使いやすいのですが、あいにく「依頼している」ということをはっきりさせるだけで、「相手に何とかやってもらえないかとお願いしている」という気持ちまで表すことはできないようです。

それでは、本当に丁寧にお願いするにはどうすればいいか、見ていきましょう。