月に一度のポッドキャストChocolatとのコラボレーションでお届けしている記事。今回の共通テーマは、「在日フランス人の目でみる日本の住まい」です。5/31付けのChocolatではエッセイストとしての人気も高いDora Tauzinさんの、All About フランス語ではフランス人建築家でBEREDER株式会社代表Frederic BEREDERさんのインタビューをお届けします。Fredericさんによる地方色溢れるフランスのお家のスケッチもあわせてお楽しみください。

時と共に姿を変えるプロヴァンスのお家

ber
愛犬と共にお仕事にいそしむFredericさん
越智:今日は日本に長くお住まいのFredericさんに、フランス人建築家の目からみた日本の住宅についてお聞きできればと思っているのですが……。

Frederic:日本の住宅についてお答えする前に、まずは une maison provençale(プロヴァンスの家)についてお話できればと思っています。私がProvence(プロバンス)出身ということもあるのですが、une maison provençaleは日本の住宅のanti-thèse(正反対のもの)だと考えています。

越智:といいますと?

pro1
FredericさんによるProvence風住居のスケッチ
Frederic:la maison provençale の最大の特徴は、absence de plan de départ(出発時点での設計図の欠如)です。つまり、家というものが、時の流れと共に変化する居住者のニーズにあわせて発展していくわけです。当初は、そこに住むun couple(一組のカップル)のために小さくシンプルだったものが、仕事や子供の誕生あるいは祖父母のためといった形で、どんどん pièce(部屋)の増築がなされていきます。

越智:日本ですと建築時にある程度将来を見据えて前もってある程度の部屋数を確保した家を建てるというのが普通ですけど、そのために費用が高くついて若いカップルにはなかなか手がでませんから、なかなかいい発想ですね。ただ、「いかにも増築しました~」みたいな不自然な感じにならないのでしょうか?

素材の選択と適切な配置がハーモニーを生む

alsace
Alsace風住居のスケッチ
Frederic:住居全体は厳密な設計図に基づいているわけではありませんが、それでもその構成から harmonie(調和)が失われることはありません。 le choix des matériaux(材料の選択)とそれらをagencer(配置する)方法がネックとなるわけです。

越智:例えば、材料はどういうものが選ばれるのですか?

Frederic:材料は、自然のものを使いますtuiles de toiture(屋根の瓦)はterre cuite(テラコッタ)、mur(壁)はpigments naturels(天然顔料)で彩られた chaux(石灰)で覆われていますし、sol(床)にもterre cuite製のdalles(敷石)がしきつめられるといった具合です。porte(ドア)やfenêtres(窓)にはbois massif(重々しい木)が使用されます。

越智:見ための特徴はどういうものなのでしょう?

bou
Bourgogne風住居のスケッチ
Frederic:Provenceの太陽は強烈ですのでfenêtresは小さく、少しの光だけを通すようになっています。また、太陽の光同様、泥棒をも警戒してpersienne(よろい戸)がとりつけられています。家のintérieur(内側)は暗く、そのためmurの色は太陽光線によって様々なニュアンスがでるように工夫されています。全体としては、重厚な感じでsécurité(安心感)とintemporalité(永遠不変)といった印象を見る人に与えます。

家屋全体の伝統的な構成方法は父から息子へとひきつがれ、現在でもそうした手法は各地方ごとに独自なものを保っているのです。

越智:地方色を守りつつ、長い時間をかけて一つの家をつくりあげていくというこだわりがharmonieを生むのですね。

次ページでは、世界一モダンな?「日本のお家」について語っていただきます。