梅雨到来! 毎日じめじめした日々が続く季節になりました。この季節、一日誰かがいるお家なら雨降り対策、湿気管理もできますが、共働きのお家は日中締め切ったまま。梅雨対策を何もしないままでいると、湿気がカビやダニの温床となってしまいます。そのまま夏を迎えると、暑さでダニが繁殖。秋口にその死骸が部屋の中に充満することとなり、アレルギーの原因にも!
ちょっと脅しすぎました>笑 でもね、この季節に湿気をどうコントロールするかは、暮らしのとても大切なポイントです。留守がちだからこそ、抑えておきたい暮らしの知恵。2回にわけてお送りします。

・・・INDEX・・・■ まずは朝晩の換気をマストの習慣に■ 部屋干しは湿気の大敵です!■ 除湿機を賢く使おう

まずは朝晩の換気をマストの習慣に

毎日朝晩朝晩しっかり換気しましょう!
毎日朝晩朝晩しっかり換気しましょう!!
昼間不在になりがちな家では、朝晩の時間が足りないという理由で、家全体の換気をしないまま出勤してしまうケースがよく見られます。

密閉された家の中には、さまざまなものが滞留しています。空気を入れ替えることは、湿気や温度のコントロールにつながるだけでなく、舞い上がっている埃やウィルス、キッチンから水蒸気となって部屋を対流している調理の脂分やにおいの分子などを、部屋の外に排出する効果もあります。
部屋を閉め切ったままで外出すると、不在の間に調理の脂分と寝具の埃が結合して、部屋の中に沈殿していきます。調理器具や家具の汚れは、こうして堆積されます。

炊飯器やポット、電話などが黒く汚れてしまっているおうちはありませんか? 不在がちで汚れが貯まりやすいと感じている人は、換気をうまくしていない可能性もあります。つまり、換気は健康のためだけでなく、家の中に汚れがたまるのも軽減してくれる効果があるのです。

やってみればとても簡単なことです。朝は置きぬけに家の窓を開け放って換気。これで、就寝中にこもった空気、寝具で舞い上がった埃などを部屋の外に出しましょう。
帰宅後も換気。昼間の間に部屋にこもった熱や、排水口やゴミ箱などから立ち上がって部屋の中に停滞しているにおいなどを、きちんと入れ替えます。

簡単な習慣だけれど、まずは朝晩の換気。この季節は特に気を配るようにしたいものです。


次のページでは、この季節に特に気にかけたい部屋干しの注意点についてお届けしますよ。梅雨時だからって毎日部屋干ししている人はいませんか? これ、注意しないと家族の健康を損ねます。部屋干しの注意点はこちらから。

→次のページへ