大そうじの外注を頼むなら11月までに!

そうじ外注
大そうじに外注はお早めに!
大そうじといえば12月。そんなイメージもあってか、外注の依頼は11月末から12月にかけて飛躍的に増えてきます。確かに、秋になったばかりの時期には、なかなか年末のことまで頭が回らないのも確か。でも、こうなってくると業者のほうもフル回転となり、以下のような事態が生じてきます。

  •  こちらの希望日時が通りにくくなる。
    特に共働きは土日の時間指定が必須となりますが、年末までの土日の選択肢が限られてくるだけでなく、時間も思うように指定できないことが増えてきます。
  •  サービス内容の細かい希望が通りにくくなる。
    「なるべくナチュラルな洗剤で」とか、「老人がいるので音に配慮して仕事をしてください」など、こちらの細かい要望がある場合は、繁忙期をはずしたほうが丁寧に対応してもらいやすくなります。

    そうじ外注2
    働く側のモチベーションを尊重することも大事です。
    以下は、以前ガイドが業者さんに取材をしたときに伺った話。
    「12月に入ると、担当者は多いときには日に何軒もの家庭を掛け持ちすることになります。もちろん、プロとして丁寧に仕事をさせていただきます。でも、次のお約束を控えての作業では、時間内に確実に仕事を終わらせる必要があるため、正直なところ余裕がなくなりがちです。また、お客様が一番希望されている時間での対応も難しくなってきます。
    繁忙期を少しでもはずしていただく方が、さまざまな要望にお答えできます。ぜひゆとりを持ったご予約をお願いします」。

    もちろん、繁忙期に着実な仕事をしてもらうことは大前提。でも、少しでも時期をずらすことで、作業をする方も依頼する方も満足度が高まるなら、予約は早めに済ませておくのが賢い選択肢といえるのではないでしょうか。
    業者によっては、繁忙期をずらした時期にキャンペーンとして優待価格を設定しているところもあります。通常の10~15%割引といったサービスもあるので、これも要チェック!


    <関連リンク>
    ガイド編集のそうじ代行に関するリンク集
    ハウスクリーニング5社から一括見積もりが取れるサイト

  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。