日差し対策は防犯視点もしっかり!

昼間の留守宅に日差しが直撃するというお宅では、遮熱効果の高いカーテンを検討される方も多いはず。でも、共働き家庭の場合、昼間に連日カーテンが閉めっぱなしというのは、防犯対策の視点から見てもNG。日差しをしっかり防いで、閉め切りの留守宅に見えない窓辺を作る工夫も、共働き家庭には必要だと思いませんか?

■ 厚手と薄手の切り替えができるスクリーンを日差し対策に
ニチベイ
日の当たり具合によって位置を決められます。

ニチベイのプリーツスクリーン「もなみ」のツインスタイルは、厚手生地とシースルー生地の二通りの布を一枚のスクリーン上の自由な位置で固定できる仕組み。二重にスクリーンを取り付ける必要がないので、すっきり場所も取らない上、シースルー生地とのコンビネーションで閉め切った雰囲気にならないのが、留守宅には何よりうれしい効果。
ガイド宅では、リフォームの際に南側の窓をすべてこのスクリーンに取り替えてしまいました。季節ごとの日差しの角度にあわせて、直射日光が当たる部分だけ厚手の生地に切り替えて出かけます。これだけでも帰宅後の不快感はグッと減少。とても重宝しています。


■ 夏だけと割り切るならこんなグッズもおしゃれ
ディノスたてす
これなら留守宅を強調しません

また、手軽にできるのがこうした「たてす」や「よしず」を利用する方法。写真のディノスの「たてす」ならちょっとおしゃれな雰囲気で、エクステリアとして映えそうです。また、閉め切ったいかにも留守宅の風情をかもし出すことなく、スタイリッシュに日差し対策ができますよね。

ディノスサンスクリーン
年間通して重宝しそう。
年間を通して利用したいなら、ワンタッチで簡単に取り付けられるサンスクリーンもおしゃれ。目隠し効果もあるので、四季を通して何かと重宝しそうです。ただし、戸建住宅や、低層階にお住まいの方は、両方とも巧妙な目隠しの役目を果たすこともあるので、施錠をしっかりして二重鍵を検討するなど、防犯対策を怠らないようにご注意くださいね!

さて、おしゃれに日差し対策をしながら、留守宅の換気対策もきちんと考えていきましょう。次のページでは、おうちにとって大切な「換気」を、留守宅で上手に行う方法を考えます。