家事代行サービス、頼み方5つのコツ その2


4、オススメは不在時の利用
外勤で忙しい人なら、鍵を預けて不在時に家事を済ませてもらう方法がオススメ。他人が家で家事をしている横にいると、「自分も家事をしなくては」と気が休まりません。ラクをするためにお願いするのですから、ここは割り切りましょう。ただし、留守宅を任せるのですから信用できる会社をよく選んで。この際、貴重品などの管理はきちんと行い、あとあとのトラブルにつながらないように気をつけましょう。もし破損や紛失、トラブルが発生したら当事者同士で解決せず、会社に連絡してきちんと解決してもらいます。

不安な人は、終了時間を帰宅時間に合わせて、最終確認をしてから帰ってもらいましょう。もしくは在宅時に来てもらい、作業中は「私の休み時間」として美容院に行ったり喫茶店でゆっくりしてみる。家政婦さんの作業中は自分は家にいない! と割り切るほうが、うまくいきます。

どうしても他人を留守宅に入れたくないという人なら、休日に依頼し、その時間は家族で自分の部屋の片付けをみんなで行い、「おうちのメンテナンスタイム」とする。家族だけでやるよりも、いいカンフル剤になって家がきれいになった! という報告も多いようですよ。

道具類はまとめて
そうじ道具などは一箇所にまとめてわかりやすく! 人に頼みやすいだけでなく、自分たちの効率もアップします。
5、道具類はまとめて一箇所に
人に家事の指示を出すのは、思ったより骨が折れるものです。道具の置き場所は一箇所にまとめる、収納をわかりやすくしておく、ゴミの分別などを張り出すなど、第三者が作業しやすい家の環境を整えてみましょう。これは、結果的に自分の効率を上げたり、パートナーが家事に手を出しやすくなるという二次効果につながります。

最後に、家政婦さんといい信頼関係を築くことも大切。強い命令口調、見下した態度などを取ると、相手も気持ちよく仕事ができなくなります。適度な距離感と上手なコミュニケーションを取るように心がけましょう。ただし、家政婦さんとの相性もあります。なんとなくうまくいかないと感じたら担当を変えてもらう、会社を変えてみるなど、臨機応変に考えてみてくださいね。

どうですか? 家事代行サービス、高嶺の花ともいえないでしょう。いま必要ないと思っても、いずれ「すごく忙しくなって家事に手が回らない!」という日が来たとき、「あ、家政婦さんという手もあるかも?」と思えるだけで気が楽になるものです。暮らしのリスクヘッジとして、情報収集しておいて損はありませんよ。


<関連リンク>
家事代行サービスを頼める会社のリストはこちら!



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。