家事代行サービスは、家事ストレス解消の切り札

忙しいと家事は大変
忙しい人にとっては、家事は時として大きな苦痛になることだってあるんです。
家一軒を心地よく暮らせる状態に維持するためには、思った以上のエネルギーが必要です。家が汚れて散らかっていくのを見てるって、かなりのプレッシャーなんですよね。

こんなストレスを抱える共働き家庭の中で、ひそかな話題となっているのが家事代行サービス。そう、早い話が家政婦さん! ライフスタイルの多様化の中、週に1日、数時間といった短い単位で依頼できる家政婦サービスが増えており、私の周囲では利用した人が口をそろえて「人生変わった!」と報告しているんです。これは要チェックでしょう? こうした新しいスタイルの家事代行サービス、従来の家政婦さんとどう違うのでしょうか?

日常的な家事フルタイムで家政婦さんにお任せするのではなく、週に1回2時間といった時間を定期的に設定して、やり残した家事、手が回らなかった家事のサポートをしてもらうのが、最近の潮流。家事の外注に躊躇する人もいるかもしれませんが、「週末に近づくにつれ、家の中が荒れていくのを見るたびに“ああ、やらないと”と気持ちが暗くなってしまう。でもね、金曜日になれば家政婦さんが来る! と思うとすごく気持ちがラクになる。こういう精神的効果ってすごいと思うの」と経験者は語ります。

共働き家庭の家事では、家事そのものの作業の合理化のほかに、こうした「精神的プレッシャーを軽減するための知恵」もとても必要です。もし、あなたが「やらなきゃ! と思うのに時間がなくてイライラ」なんて悪循環に陥っているようなら、家事代行サービスの導入、検討してみてもいいかもしれませんよ!

次のページでは、共働き家庭での家事代行サービスの頼み方の5つのコツをご紹介します。