photo by m-style
家事と仕事、両方をがんばる共働きの方々なら、電子レンジをもっと活用して、調理時間カットにつなげたいところ。

先日実施した【あなたの一票~電子レンジの使い方、今一番近いのはどれ?】では、『温め+解凍+下ごしらえ』派がトップでした。さすがはみなさま!家事をバッチリなさってマス☆


「共働きの家事」ではこれまでに、
Vol.1『調理が早くなる!電子レンジ活用術』
Vol.2『電子レンジの加熱ムラを無くす』

をお届けしました。

シリーズ3回目の今日は、みなさまからお寄せいただいたアイディアなどから「電子レンジ活用のための小ワザ集」をご紹介いたします。

電子レンジのスーパー!?小ワザ集



* こちらの参考例は500Wを基準にご紹介しておりますので、それよりもワット数が
多いレンジをお使いの方は、短めにお試しくださいね。
どちらも、短めの時間設定で試しながらご自分のレンジに最適な時間を見つけてみてください。


【絞りやすく&増量も!】

レモンやオレンジ、ゆず、だいだいなどの柑橘類の果汁を使いたいときは、
ラップ無しで電子レンジに約30秒かけることで柔らかくなるので絞りやすく
その結果、普通に絞るよりも多めに果汁がとれるので少し得した気分に!?

【カロリーオフ】

ベーコンを2枚重ねのキッチンペーパーにのせてそのまま、1枚につき約30秒~1分加熱。カロリーを90%もオフできるそうです!

脂の多いバラ肉などのお肉も同様。お肉とペーパーの間に割り箸やレンジ用すのこ
を置いて加熱すると、浮き出た脂肪分が落ちてより効果的という話もあります!

今まで思いっきり油を入れていた炒め物も、野菜類を少しレンジで加熱してから
フライパンで加熱すれば、カロリーオフできます。

【下ごしらえ時間カット】

にんにくの皮がむきにくいときは、レンジで数秒加熱するとむき易く!
また、約1分加熱することで「にんにく臭さ」がだいぶ減るそうです。

【おいしく変わる!?】

インスタントコーヒーを入れるときに、カップに粉末状のインスタントコーヒーと
水を入れてレンジで約2分加熱すると美味しくなるとか!?

アイスクリームも、冷凍庫から出してすぐ食べるよりレンジで数秒温めてから
食べたほうが美味。アイスクリームを美味しく食べられる温度はマイナス8度なので、
マイナス18度の冷凍庫内から出してすぐのものより「美味しい温度」に近づくのだそうです。

【ニオイとり】

電子レンジをずっと使っていると、何となーく庫内が臭うようになります。
そんな時に活躍するオススメ素材は・・

『レモンの絞りかす』『みかんの皮』『コーヒーやお茶の葉の出がらし』

レンジの中に入れて、30秒以上加熱し、レモンやみかんならその皮を使って
ゴシゴシすれば、電子レンジのお掃除終了です。



◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


まだある電子レンジ活用術は、また次の機会にご紹介しますのでお楽しみに!
おすすめワザをご存知の方は こちらから教えてくださいね♪




【電子レンジを使ったスピードクッキングのためのおすすめ情報】

◆共働きの家事関連
■『調理が早くなる!電子レンジ活用術Vol.1』
■『電子レンジの加熱ムラを無くす~電子レンジ活用術Vol.2』
■『早くて美味しいレシピ・小ワザ』


◆AllAboutJapan内のおすすめ情報
『共働き主婦のための3分で作れる料亭の味』[料理のABC]
『話題のカボチャをcooking!坊ちゃん南瓜のチーズバスケット』[料理のABC]

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。