会社で必要なスキルを取得する近道

根津絹代さん
今後も積極的に新しい分野に取り組んでいきたい、と根津さん。
不況に負けない資格として必ず登場するマイクロソフトオフィススペシャリスト、通称MOS(以下、MOS)。マイクロソフトオフィスの各アプリケーション、ワードやエクセルといったソフトはどの企業のパソコンでもおなじみ。そのパソコンスキルを証明する資格は、業務の効率化に直結するとして、会社で資格の取得を支援する制度がある場合も。資格を取得するのは、会社に居続けるための近道といえそうです。

とはいえ、この厳しい状況の中で、会社側もそうした制度を削減している傾向にもあるようなので、今の会社で資格の取得を支援してくれる制度があれば、そうしたチャンスを見逃さない手はありません。

今回、取材に応じてくれた根津絹代さん(以下、根津さん)も、会社の制度を利用して、資格を取得した1人。根津さんは、日総ブレイン株式会社で、現在は、メディア広報とシステム管理のセクションをまとめる立場。MOSのエクセル、ワードを数年前に取得。実務に役立つことを日々実感しているといいます。

日総ブレイン株式会社は、創業以来、横浜を中心に地域に密着したサービスを行う人材派遣会社。女性の積極的な登用やワークライフバランス実現に取り組む企業として評価され、今年3月に横浜市の「よこはまグッドバランス賞」を受賞。また今年7月7日には神奈川新聞社との共催で日本人、外国人留学生のための合同会社説明会を行う予定です。このイベントは神奈川県、横浜市、横浜商工会議所、神奈川県経営者協会、駐日ベトナム社会主義共和国大使館、駐横浜大韓民国総領事館など多くの機関が後援。この大きなイベントに向け、根津さんも準備に追われているようです。

それでは根津さんに、詳しく資格を取得した経緯や受験対策についてお聞きします。