mixi日記とブログ、両方魅力があります。
このコーナーでは、mixi日記とブログを別々に紹介してきましたが、最近良く「mixi日記とブログはどう違うんですか?どちらで書いた方が良いですか?」という質問を受けることがあります。
そこで、今回はmixi日記とブログの使い分けについてご紹介しましょう。

mixi日記とブログは何が違うのか

ブログのことをネット上の日記サービスと紹介することも多いために、mixi日記とブログを同じものと思う方も多いようですが、この二つのサービスは根本的に違います。

まず、最大の違いはmixi日記は登録者しか見ることができず、ブログは基本的に誰でも見ることができるという点です。
すでにmixiの利用者は500万人を超えており、不特定多数の人に見られる可能性があるという意味では同じですが、それでもブログはブログサービスのポータルや検索エンジン経由で全く知らない人に公開されるのに対し、mixiにおいては検索経由で来る人はそれほど多くないですし、足跡機能により誰が日記を見たかも大体分かるようになっています。 

また、mixi日記であれば日記の公開範囲を自分で決めることが可能です。
ブログにも将来同様の機能が追加される可能性はありますが、今のところは基本的に公開範囲を決めることはできません。

そういう意味では、mixi日記は比較的相手の顔が見える状態でおしゃべりしている感覚に近いのに対し、ブログの場合は渋谷の交差点でスピーカーで叫んでいるのに近い状態だということもできるでしょう。
もちろん、スピーカーで叫んでいるからと言って誰にも聞いてもらえない可能性も高いわけですが、無名のブログが何かのきっかけでネット中の注目を集めるということは珍しいことではありません。


用途に応じて使い分けよう。

もちろん、公開範囲を決められるからmixi日記が良く、ブログが悪いという意味ではありません。

ブログの場合は、公開が前提の分、日々ブログを書いていると知らないうちに読者が増えて、有名ブログになるなんて可能性もありますし、ブログに広告を張り付けてちょっとしたお小遣い稼ぎをすることもできますが、mixi日記では、広告を張ることは基本的にできません。
そういう意味では、mixi日記は基本的に友達とのコミュニケーションを目的にしているのに対し、ブログはより多様な目的に使うことができるということもできるでしょう

まずネット上で日記的なサービスを使ってみたいというのであれば、mixi日記から始めてみることを、個人的にはお勧めします。
 
まずはmixi日記で友達相手にネット上で文章を書いてコミュニケーションする、という感覚を感じてみてください。
友達だけじゃなく、日本中の人に話を聞いてもらいたい、とか、もっと多くの人とコミュニケーションしたいと思えたらブログを試してみる。

まだmixi日記もブログもどちらも試したことが無いという方は、そんな順番でトライしてみてはいかがでしょうか?
もちろん、mixi日記とブログを並行して両方利用することもできますので、お好きな組み合わせで使ってみてください。


【関連記事】
前回のコラム「mixiの足跡機能って何?」はこちら
次回のコラム「mixiモバイルで、携帯電話からmixiを使おう」はこちら

【関連リンク】
mixiの使い方紹介
初心者向けブログ作成講座
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。