「まだ使うかな~?」と思わせるモノが「捨てられない」!

さて! いよいよ注目の上位3位です! 
‥‥の前に、集計結果で思わず笑ってしまった項目を発表しましょう。

「自分」に関するもの
・私の怠けぐせ
・私の性格
・自分自身
という人がけっこういました。「プライド・世間体」というのも‥。そ、そんなに自分を責めないで~。
・贅肉 
という声もあり、それは素直に共感いたします。ハイ。

「人」に関するもの
・恋人・配偶者
・姑
というのもあり、(計8人)、皆さん色々大変なんですねぇ‥。
・パパ
という方もいたのですが、そ、それはどの「パパ」!? 

さ~て、いよいよホントにベスト(?)3の発表です。あなたの家にもきっとあります!

3位 ダイエットグッズ・室内運動器・健康器具 

「家族全員が健康オタクで、各自買い込む健康器具が年々増え、場所をとるうえに大きい物が多くて捨てにくい」(30代/女性/群馬県)

すごいお宅もあったもんです。
この項目の回答で目立ったキーワードは「深夜テレビショッピング」「大きくて重い」「場所をとる」「捨てづらい」「2、3度やったらそれっきり」。あと、「洋服かけになってます」というお宅も多かったです。

All About「ダイエット」‥‥やっぱりダイエットは食事から!?

2位 雑誌・本

本はたまりやすく、捨てられないもの。

「今や和室6畳間を占拠」(50代/女性/千葉県)

「我が家ではすでに一部屋占領しています」(30代/女性/滋賀県)

床が抜けますよ。本気で。本(紙)は意外に重いのです(元出版社勤務)。

「捨てようと思って記事を読んでいるうちに捨てられなくなる」(20代/女性/大阪府)

「また読むかも」と捨てられない人が圧倒的のようです。しかし、実際に読み返すことはまれ。古本屋に売る、駅や公共施設に寄付する、が二大ディスティネーションですね。捨てられない本は、閉架式にしては?

関連記事「ベランダに本棚!?」‥‥ガイドは現在、ホントにベランダに置いてますけど、けっこう傷みません

1位 もう着ない服

ダントツ1位は、やっぱりコレ。みんな、「着ていく服がな~い」と言いながら、もう着ない服の収納に悩んでいるんです。不思議ですね~。

「オーダーで作った当時1着40万円の洋服がズラリ。でも新しいお洋服も欲しいし」(50代/女性/千葉県)

お、おっ金持ち~。@~@

「今は着れないけど、着れるようになる! 今ちょっと着れないだけなのに‥」(30代/女性/千葉県)

それは、女心のミレンでしょ!?

「体型が合わなくなった(太った)」「流行遅れ」「高かった」「部屋着にしようと思って」「リサイクル・オークションに出したいと思いつつ‥」でも「傷んでないし」「いつか着るから」とっておく、という方が大半でした~。

着ない服に関しては、モノによって、以下の方法のいずれかで処理することをおすすめします。

ブランド物や高級品   → リサイクルショップ等に売る
傷みのない品、新品   → ボランティア団体に寄付する
着古した、愛着のある服 → リメイクする
着古しきった服     → 天然繊維製品は、カットして雑巾代わり

いちばんいいのは、服を買うとき、今の3倍、時間をかけることです。そうすると、着ない服の発生率も減りますよ。

「我が家のムダなもの」ランキング、いかがでしたか!?風水的にも、使わないモノ、要らないモノが溢れる家には、幸運が寄ってこないそうですよ。これを機に、要らないモノは上手に捨てて、爽やかな春を迎えましょう。

【関連リンク】

「暮らしがスッキリする 「捨てる・買う」にマイルールを」(All About シンプルライフ)

「ダンドリよく捨てる「モノ捨て実行シート」を作ろう」(All About シンプルライフ)

「新生活はパンドラの箱で収納をリセット」(All About 収納)

「『捨てる』「『暮らす』技術…オフィスで実践編 オフィスで実践『捨てる!』技術」(All About 一般事務)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。