ダイエットにぴったり!?
激辛!夏野菜のカレー

最近、夏を前にテレビでも雑誌でも“ダイエット”企画が花盛りだ。

と、オールアバウトでも、122kgの巨漢、「アミューズメントスポット」ガイドの安達さんが、2ヶ月間、ゲーセンの「体感ゲーム」で痩せよう!との無謀とも強引ともつかない企画・・・。

が、よく見ると、「ダイエット」ガイドの川口さんのアドバイスもうけ、食事面も含めてかなり本気で取り組む模様。

で、わが「男の料理」でも、ちっとでも手助けになれば…と、ダイエット向きのレシピを紹介というわけだ。

で、さらに安達さんの日記を見ると、低カロリーの食生活の中でも「カレーライス」というワードが結構出てる! んじゃせっかくだからダイエット向きのカレーを、ということで川口さんのアドバイスにもある、“野菜”たっぷりのカレー、それもじゃんじゃか汗をかけそうな激辛のカレーを紹介したいと思う


■材料 (3~4人分ぐらい)

ベースの野菜
・たまねぎ(1個)
・にんじん(1本)
・じゃがいも(1個)
・キャベツ(1/4個)
・にんにく、しょうが(それぞれ1カケづつ)
~このあたりがあればカレーらしいコクが出る。なければなくてもよい。

季節の野菜(夏野菜)
・トマト(2個)
・なす(3個)
・ピーマン(4個)
・オクラ(1ネット~10本ぐらい)
~その他お好みの野菜をなんでも。個人的にはピーマンは外せないか…。

スパイス
・クミンシード、マスタードシード、ベイリーフ、赤唐辛子
・ターメリック、クミン、コリアンダー、チリペッパー
~揃えるのが難しければ、カレー粉でもよい。
スパイスについては、こちら(基本のインドカレー)を参考に

味付けの塩


■作り方

1. アルミの無水鍋などの、密閉性の高い鍋にオイルを少々(ほんとはちょっと多めがいいんだけど、ダイエットなら少々…)入れて、クミンシード、マスタードシードを小さじ1づつ、ペイリーフを1枚加えて火にかける。

ここで、“激辛”にするために、赤唐辛子を5、6本ほど種をとって加える。辛さは好みで…、とはいっても5、6本だとかなり辛くなるはず。

スパイスがなければ、オイルに赤唐辛子だけ加えればよい。



2. スパイスがちりちりと音をたて始めたら、たまねぎ、にんじん、ジャガイモ、キャベツを、適当にざくざくと切っては、鍋に入れていく。
野菜を入れるたびに、焦げないようにざっとまぜて、すぐに鍋のふたをして水分を逃がさない“蒸し煮”にするのがコツ。



3. しばらくして、野菜がしんなりして水分が鍋に出てくるようなら、にんにく・しょうがのみじん切りと、トマトをこれまた適当にざく切りにしたものを入れる。
ざっとひとまぜしたら、水をコップ2杯ぐらい注ぐ。


4.
水が一煮立ちしたら、ターメリック、クミン、コリアンダーを、小さじ2杯づつぐらい(好みで)。そしてここでも“激辛”仕様で、チリペッパーを大さじ1.5~2杯ほど入れる。

スパイスの代わりにカレー粉と、多めにチリペッパー(要するに赤唐辛子粉)を加えてもいい。



5.
ざっと混ぜたら、再度鍋のふたをして、弱火で蒸し煮にしていく。 時間はこれまた好みでよい。15分ぐらいであればけっこう野菜の歯ざわりを楽しめるし、30分も煮ると野菜がとけて、それはそれで美味しい。

6. 途中、なすや、青い夏野菜、ピーマン・オクラなどを加えて、さらに好みの時間、5~10分程度火を通して、最後に塩(小さじ2~3)で味を整えて出来上がり。

もしチャツネなどあれば、最後に入れると若干コクが出ていい。


ご飯にかけてもいいし、そのままラタトゥイユのようにおかずとして食べてもいい。

カレーも、手間をかけて作るものが多いが、今回のカレーは、ざく切りした野菜を、次から次へと鍋に放り込んで蒸し煮にするだけの簡単なもの。

これはこれで素材の旨さが生きて、季節感のある味を楽しめるものなのだ。 材料も、時間も、味付けもアバウトでOK!おかずをもう一品作るぐらいのつもりで作ってみてほしい。


ところで、ヒトゴトのように言っているが、かくいう私めも、夏に向けてややダイエット志向になってきている…。

ここ何年かで、じわじわウェストが拡大してきてるんだよね。

ってわけで、野菜だけのカレーは、爽やかな風味で健康的だし、今回のように激辛にするとバテ気味の夏でも胃の中から元気が出るような感じもするし、しょっちゅう我が家のメニューにも登場しそう。

ご飯を添えるときは少なめに…

 

安達さん、正直、何キロ減るのか興味津々ですので、ぜひがんばってください。
やっぱり大切なのは自分を律する強い意志なんでしょうか…。 (←自分に言い聞かせてる

【関連】安達さんのダイエット企画
【関連】ダイエットガイドサイト

【関連】基本のインドカレー

 


 

このコラムを書いているガイドが、毎週、新着コラム・おすすめ情報をメルマガでお知らせ。メルマガだけのとっておき情報も。
メルマガ登録は こちら→

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。