LODGE スキレット 10 1/4inch

ダッチオーブンでおなじみのLODGE社のスキレット。 ダッチオーブンと同様の製法による鋳鉄製のフライパンだ。

その厚さと高い蓄熱性のおかげで、ステーキやハンバーグなどが本当にいとも簡単に美味しく仕上がる。
素材への火のあたりが柔らかく、それでいてムラなく火を通すことができる、まさに“魔法の道具”と言ってもいいだろう。

鋳鉄なので、使ったあと水で洗うとみるみる錆びてしまうので、洗ったあとは軽く熱してオリーブオイルなどを塗っておくなど、多少メンテナンスに気を使うところもあるが、たとえ錆びてしまっても磨いて再度使えばなんの問題もないし、それ以外はほとんど気を使うこともなく、ほぼ半永久的に使える。

とにかく重たいので、普通のフライパンのように振ることはまったく出来ないし、女性にはちょっと使いづらいかも知れないが、一度スキレットでハンバーグを焼いてみると、もう普通のフライパンには戻ることはできないだろう。
“表面をさっと熱で固めて焦げ目を入れてから、じっくりと火を通す”ような調理であればスキレットの右に出るものはない。

また、スキレットにはぴったりサイズのスキレットカバーをセットで手に入れるとよい。カバーの裏には細かい突起が並んでいて、水蒸気が水滴となってムラなく素材の上に落ちるため、焼き上がりがさらにジューシーになるのだ。

いずれのスキレット製品も、ダッチオーブンと同様にアウトドアでも大活躍するはずだ。とにかく重いので持ち運びやとりまわしが大変なのはしょうがないが、炭火や焚き火でも細かいことを気にせず使える。
キャンプで焚き火を囲んで分厚いステーキを焼けば、たまらないディナーとなるに違いない。

私は海外旅行のときに、10、8、6.5inchの定番3点セットを$15程度で衝動買いしてしまった。旅行の残りの移動は死ぬ思いをしたが…。
日本でもアウトドアショップや通信販売で簡単に手に入れることができるが、いずれにせよそれほど高価なものではない。
その使い勝手と、産み出される料理のクオリティ、そして半永久的に使えることを考えれば、非常にコストパフォーマンスの高い調理器具と言えるだろう。

まずはスキレットで、普通の目玉焼きを作ってみるといい。
それだけでも実力の違いはわかるはずだ。

【関連】スキレットを購入
【関連】スキレットで作る料理

 


 

このコラムを書いているガイドが、毎週、新着コラム・おすすめ情報をメルマガでお知らせ。メルマガだけのとっておき情報も。
メルマガ登録は こちら→