突然ですが、季節の変わり目って肌が荒れませんか?
冬はもちろんですが、夏へ向かう時も紫外線や、それを防止するためのUV化粧品で肌に負担がかかりますよね。

何を隠そう、ガイドは超敏感肌。毛布や荒い木綿シーツでも肌がカサカサ、カユカユになります。
強靱な体力と性格に反比例して、お肌はヨワヨワなんです。
それに顔だけでなく、体のうるおいも足りません。
なのでこの時期、できるだけ温泉に浸かるようにしています。エステもいいですが、温泉効果は侮れません。
心もカラダも癒される美肌の湯で夏を乗り切るお肌になりましょう!!


温泉の効能を正しく知って、美肌を取り戻してみませんか?
夏本番前に、サクッと行ける温泉情報とともに、お届けします。


泉質によってお肌は変わる

温泉は泉質によって、軽いピーリング効果のあるツルツル系(高アルカリ性泉)、水分を補う保湿うるおい系(硫酸塩泉)、美白系(硫黄泉・硫化水素型)、そして皮脂や汚れをしっかり取り除く洗浄力系(重曹泉 ナトリウム-炭酸水素塩泉)の温泉があります。

自分のお肌の状態を考えて、温泉選びをしてみてください。
ちなみに敏感・乾燥肌のガイドは高アルカリ性泉に浸かると、つるつるにはなりますが、角質が取れすぎるのか、入浴後、しっかり保湿系化粧水の補給が必要です。うるおい系の硫酸塩泉が肌にあっています。
皆さんも、自分のお肌と相談してみてくださいね。

ではそれぞれの泉質のオススメ温泉をご紹介しましょう!

1.ツルツル系(高アルカリ性泉) あのツルツル感は角質剥離!
2.うるおい系(硫酸塩泉) 保湿が必要な人必見!
3.美白系(硫黄泉・硫化水素型) 焼けたお肌はココに!
4.洗浄力系(重曹泉 ナトリウム-炭酸水素塩泉) 美人の源は清浄な肌!


★同じ泉質でも湯ざわりや感触は異なります。
また、効能もすべての人に作用するものではありません。
その点はご注意ください。