以前、仕事で日光市内の飲食店を数多くまわったガイド。日光といえば「ゆば」と「マス」料理が有名なのですが、「ゆば」についていえば、料金が高く、ゆば尽くしはちょっと飽きる(もちろん、すべておいしくいただけるお店もあり)。

「マス」についていえば、ほとんどが養殖もので味にインパクトがない(こちらももちろん、ガイドがおすすめしたい天然ものを扱う店もあり)。など、ちょっとガッカリされた経験もあるのではないでしょうか?

今回、ガイドがおすすめするお店は「精進料理」。日光の世界遺産・二社一寺のひとつ輪王寺に料理を納める、味と技に定評のあるお店です。

尭心亭 ぎょうしんてい

日光の精進料理は日光山輪王寺に1200年もの歴史を経て伝わるもの。食材はもとより、昆布、椎茸、カンピョウからダシをとり、カツオなど動物性のものは一切使いません。ガイドが食した3675円の月替わりの精進料理のコースでは、

・筍木の芽和え
・汲み上げ生湯波の刺身
・胡麻豆腐
・港揚
・石川芋、はす芋、矢車人参、和らび、そばの芽などの煮物
・青のり、蚕豆、こごみ、蕗の精進揚げ
など、計12品。


なかでも港揚は、豆腐に海苔をのせ、蒲焼き風にしたもので、食感、味ともども魚かウナギを思わせるもの。

右の写真が港揚ですが、その脇に添えられた出汁巻卵のようなものも、味は卵なんですが、実はお豆腐。料理人の技に感服してしまいます。

胡麻豆腐も、半日、とろ火で練り続けるそうで、なめらか感と濃厚な胡麻の風味がたまりません。また、季節の山菜や野菜がふんだんで、木の芽の香りや野菜の甘さを引き立てる味付けになっています。

日光名物の生ゆばも、日光市内「海老屋」の最高級のものを使っていて、豆の香り、歯ごたえともにたまりません。お肉や魚を使わなくても、充分においしく、お腹いっぱいで満足感が得られます。

精進ではどうしてもちょっと物足りないという人には、四季の味覚が堪能できる懐石料理も味わえるのでご安心を。

尭心亭は味だけでなく、そのロケーションも素敵。明治の館が建つ日光不動苑の一角にあり、かつては東照宮の坊のひとつだった由緒ある場所。森に囲まれた静けさは、心を落ち着かせてくれます。数奇屋造りの建物からは、四季折々に美しい日本庭園が眺められ、癒し効果も抜群です。

最後にタピオカと生麩のデザートをいただきながら、しっとりとした緑を眺める。ゆるゆると流れる時間がなんともいえず、贅沢なものでした。

【データ】
電話:0288-53-3751
アクセス : 日光宇都宮道路日光ICより日光街道経由、
      東照宮方面へ、神橋信号右折10分 明治の館内
営業時間 : 11時~19時(LO)
休業日 : 木(定休日が祝日の場合は振替不定)
入場料 : なし
料金 : 精進料理3675円~、懐石料理3675円~(各サ別)
カード : JCB、VISA、AMEX、デビットカード
駐車場 : あり(無料)80台
★当日でもいいので予約が望ましい

日光に出かけるなら緑いっぱいの奥日光にでかけませんか?マイナスイオンいっぱいの奥日光三大滝めぐりがオススメです!ガイド渾身の記事もご参照ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。