湯元・温泉寺

中禅寺湖畔にはいくつもの温泉宿がありますが、その源泉がすべて奥日光・湯元にあるということをご存じですか。

奥日光の最も奥、湯の湖周辺・湯元の街は、湖と緑に囲まれた静かな所で「国民保養温泉地」にも指定されています。
温泉の泉質は、硫黄の匂いがする硫化水素泉。
源泉は、街の北端、湯ノ平湿原の周辺で、湿地から何ヶ所も湧き出しており、湧き出し口には1メートル四方ほどの木製の小屋がかけられています。
その雰囲気はまるで古代にタイムスリップしたよう。


湿地の周囲にはミツバツツジがあちこちら咲いています。奥日光の最奥の春はこれから5月の末あたりが最盛期。

春の旅を逃した方は、ぜひここを訪れてみてください。


源泉に手を入れてみましたが、やけどしそう。軽く80度を超えています。
でも、ちょっと手の甲にのばすと、みるみるうちに肌がつるつるに。
美肌効果の高い温泉です。


源泉地のすぐ隣には西暦788年に開かれた日光最古の温泉・温泉寺があります。
実はここ、日帰り入浴ができるんです。
お寺で温泉に入るなんて、なかなかめずらしいと思いませんか?

入ってみましたが、こぢんまりとした素朴な雰囲気もよく、また温泉も濃度が高いのか、カラダの奥からじわじわほぐれていくようで、ものすごく気持ちよかったです。
お風呂は掛け流しの浴槽と洗面器のみ。洗面器で浴槽の湯をかけ湯して、入浴します。
湯上り後は座敷で休憩でき、お茶とお菓子もいただけますよ。

滝めぐりの締めくくりにいかがですか。

●湯元温泉寺
 栃木県日光市湯元(直通の電話はありません)
 営業時間10時~15時
 休業日12月~翌3月、営業期間中は不定休
 入浴料500円
★タオル、シャンプー類は置いてありませんので持参を。


★★日光散策の後、緑の日本庭園を眺めながら、極上の精進料理をいただきませんか。
カラダの中からきれいになって癒し効果も高まると思いますよ。
ガイドおすすめの精進料理のお店「尭心亭」はこちらの記事で!



奥日光のホームページ

奥日光湯元旅館組合
日光湯元ビジターセンター
ガイドおすすめの宿
奥日光ホテル四季彩
奥日光小西ホテル
ゆ宿美や川


★★ガイドおすすめ滝めぐりの旅
滝と湧水をめぐる癒しの森林浴
名水百選と陰陽師の里めぐり
東北の夏祭りと滝めぐり
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。