仕事も一段落、今度の週末、どこか行こうかな。春の花も眺めたいし、ついでに自宅の窓辺に飾る花の苗木なんかもほしい。


高原のテラスでアフタヌーン・ティーなんかできたら最高!それに温泉はもちろんはずせない!

そんな欲張りなあなたに、この時期おすすめのスポットはここ信州・蓼科高原!


春の遅い高原もようやく芽吹きの季節。オンシーズン前の高原はまだ静かです。

中央自動車道諏訪ICから車で30分の蓼科高原なら、一泊、日帰りどちらでも十分、リラクゼーション・バカンスが楽しめます。


蓼科高原のなかでもおすすめは、蓼科高原 バラクラ イングリッシュガーデン
約1ヘクタールの園内にオールドローズを中心に、約3000種8万本の花々が植えられています。

独特のバラの香りには、張りつめた神経をやわらげ、気持ちをリラックスさせるアロマ効果があります。
かのクレオパトラが愛したというローズオイルには、香りの効果にプラス、シミや乾燥から肌を守る美肌効果もあるのだそうです。

また、バラの色、赤には活力を与えてくれるセラピー効果もあります。バラの花を眺めるだけで、やる気がフツフツと湧いてくる、そんな気分にさせてくれるはずです。

仕事で多忙な日々を送る人にとってバラは、まさに癒し効果大!


バラクラ イングリッシュガーデンでは、この時期、可憐な野の花などを集めたスプリングフラワーショーが開催されるほか、6月から香り豊かなオールドローズのフェスティバルも開かれます。まさにこれからがバラの見頃。この時期をはずす手はありません。


イギリス人ガーデナーが手がける本格的な英国式庭園を散策すれば、鮮やかな色とりどりの花と、その香りに癒されること間違いなしです。

園内には花の種や苗、素敵なフラワーポットなども販売されていて、自宅にミニ花園を再現するともできます。
また、レストランも併設され、本格的ディナーからイギリス庶民の味、フィッシュ&チップスまで楽しめます。

それからガイドのイチ押しが、魅惑のティータイム。
本格アフタヌーン・ティーで優雅なひとときが楽しめます。
バラの庭園を眺めながら、香り高い紅茶と、フルーツをふんだんに使ったケーキや、風味のいいスコーンをいただく。
色と匂いと味で癒される、なんとも贅沢な時間が過ごせるはずです。




そして、バラで癒されたあとは、ゆったりとくつろぎの温泉タイムで過ごしませんか。

蓼科高原は信州でも有数の温泉郷なのです。
すべすべお肌になるという泉質が評判の蓼科温泉旅館組合 には、11件のくつろぎの宿が加盟。
ホテルタイプから純和風旅館まで、お好みの宿がチョイスできます。

また、蓼科高原・日帰り温泉も多数あるので、1泊、日帰りどちらも大丈夫。

シメはやはり、お湯でゆったり体をほぐすのが癒しの旅の鉄則ですね。





交通
  電車 新宿より中央本線特急あずさで茅野駅まで約2時間。
       茅野より蓼科高原までバス30分。

  車  東京より中央自動車道諏訪南ICまで約2時間。 
       蓼科高原まで約30分。


信州・蓼科の詳細情報はガイドサイト・信州
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。