ジェームズ・ボンドの所属機関がスパイを公募!?

あのジェームズ・ボンドも所属するSIS

10月半ば、日本の新聞各紙に

イギリス諜報機関SISがインターネットでスパイ募集

との内容の記事が掲載されました。これは面白そう、ぜひ見てみなければ!というわけで、英語の勉強もかねてウェブサイトを覗いてみましょう。

諜報機関の正式名称は Secret Intelligence Service (SIS)ですが、一般にはMI6の通称が有名です。ちなみに、MI6はミッション・インポッシブル6ではありませんので誤解のないように。(Millitary Intelligenceの略。詳しくはこちら>>

求められている人材は・・・

SISのウェブサイトを見ると、ページ上部に "CAREERS"という部分がありますね。そこをクリックしてみましょう。英語の career にはいろいろな意味がありますが、この場合は「職業」「専門的職業」といった意味です。ちなみに、日本語ではキャリアと書きますが、正確な発音は韓国を意味する korea と同じ発音なので注意しましょう。

careers では、何種類かの人材を募集しています。もちろん実際には「スパイ募集」などというあからさまな記述はありません。

careers のなかでも operational career が面白そうですね。operational career を左にあるリストから選ぶと、それがどのようなものなのか、説明が出てきます。それによると、

■Their role is to plan and deliver intelligence operations to promote and protect British interests and security overseas.
 (まずは英語を読んでください。日本語訳はこちら>>

だそうです。だんだん007っぽくなってきました。

よし、じゃあ応募しよう!

という方は次のページへ