人気サイト「独学のオキテ」の秘密

イメージ画像です
サイトのキャラクター、お友達作成の“くらげ画”です!
ガイド:
さて、このあたりで、くらげさんのサイト「独学のオキテ」についても伺いたいと思います。大変充実した良いサイトだと思いますが、始められたきっかけは何だったのでしょうか?

くらげさん:
「独学=すごい」という意識を壊したかったというのが、サイト作成の動機です。勉強とはシンプルなメカニズムでして、「質の良いテキスト、実績のある問題集、解説の詳しい過去問」に演習量をかければ、たいがい合格できるものなんです。そういうもんですよ、そのくらいのもんですよ、と言いたいがためにやってるようなもんです。

ガイド:
サイト運営の喜び、苦労などがありましたら。

くらげさん:
楽しみと言えば、「合格できました!!」というメールが一番嬉しいです。「ダメでしたが、もう一度挑戦してみます、見えてきました!」というメールが来ると、なんだかコチラまで燃えてしまいます。くすぶっていたやる気に火をつけることができたときは、やっててよかったナァと、傾けるワイングラスも涙で照り映えるものですよ。
苦労ということで言えば、今年になって、毎日「独学でススメ」という、お勉強の息抜きの雑文をアップしています。これがまた大変で、ネタ探しに苦労しています。集めたネタを土日にまとめて、こうしようああしようと下書きしているのですが、いざ書かんとすると七転八倒しています。本を読んでも雑誌を読んでも町を歩いても人と話しをしていても、何かネタがないかしらんと?首をひねっている毎日です。ホント、コレまでには感じなかった新鮮な刺激が多くなりました。

ガイド:
それでは、これからはそちらの文章にも注目ですね。今後のサイトの展望についても伺ってもよろしいでしょうか。

くらげさん:
まずは、サイトの内容を充実して行きたいと思います。読んで損のない内容をどんどん追加していきたいです。「ケアレスミスで落ちました」なんてメールがくると、当サイトのケアレスミスのページでは、いまだ筆足らず内容足らずなのかと思いますし、まだまだだなぁと思うことしきりです。今後とも、何か自分で出来ることを探していきたいです。
また、これからは資格の独学だけに限らず、「学ぶ」をテーマにした内容も充実したいと思います。たとえば伝記などは、勉強や人生のアレコレで疲れたときにたいへん資するものがありますし、困難に遭遇したときの底力になります。伝記のページもまだまだ弱小なので、充実していきたいです。
やはり学ぶことはおもしろいし、学ぶことで趣味だけでなく、アイデンティテイ・人生観・人間観も豊かになると思います。何かを学ぶことを通じて、今までしなかったこと・できなかったこと・興味すらなかったことに、おもしろみ感じる人が増えたらナァと思います。

 >>くらげさんが今注目する資格とは?今後の展望&読者の皆さんへのメッセージを次ページで伺いました。