その他「簿記」関連資格

「日商簿記」のように、経理の知識・スキルを測る資格・検定はまだまだあります。ジャンル別にご紹介しましょう。

■パソコン会計系
経理の基本は手書きの「簿記」とは言っても、現在の経理業務の主流は、会計ソフトを利用した「パソコン会計」です。そのため、簿記の知識とパソコンスキルを証明するための検定試験が登場しています。これらの試験では、実際に会計ソフトを使用して習熟度を測定するため、日頃の業務により直結したスキル強化に役立ちます。

パソコン財務会計主任者試験
電子会計実務検定

■英文会計系
ビジネスのグローバル化が進む昨今、国際会計基準による対応が求められるケースが増加中。外資系企業の経理職と言うと、「USCPA」(米国公認会計士)が浮かびますが、CPAレベルまで行かなくても、経理の実務経験にプラスすることで国際会計の実務スキルをアピールできるのが「BATIC」です。

BATIC(国際会計検定)

■経理・財務実務重視系
2005年11月にスタートしたばかりの「経理・財務スキル検定」(FASS)は、従来の「簿記検定」では測れなかった「実務スキル」の評価基準として注目です。

経理・財務スキル検定




こちらもどうぞ!
簿記を学ぶ・簿記検定に挑戦[All About 一般事務]
一般事務職にとっても簿記検定は基本。ということで、簿記の学習に役立つ情報をまとめてあります。
「簿記」は仕事の基本なり[All About 資格]
事務系・技術系双方で人気があるこの資格の魅力とは?前ガイドの山下さんが、ご自身の体験も元に掘り下げています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。