超難関・人気資格 「不動産鑑定士」新試験を目指せ!

「不動産鑑定士」新試験を目指せ!
難関資格「不動産鑑定士」が受けやすくなる?!今から学んで、新試験に挑戦!
既に「規制緩和が資格を変える」でもお伝えしたように、来年(2006年)から、国家資格「不動産鑑定士」「弁護士(司法試験)」「公認会計士」の試験制度が続々と変更になります。
これらの変更は、「特定ジャンルの資格ホルダーを増やす」ことを目的とした国の政策によるもの。従って、いずれの新試験制度も基本的には「受験しやすくする」ことを狙った内容となっています。
今回は、その中でも「不動産鑑定士」に注目。旧試験制度と新試験制度の違いや今後の展望などについて解説します。
「不動産鑑定士」は、合格率が10%台という超難関資格。資格勉強には、それなりの期間が必要になることから、各主要資格スクールでは2006年度受験に向けての講座申込もスタートしています。(参考:TAC不動産鑑定士)言い換えると、今から勉強を始めれば新試験にも間に合う可能性も大ということ。難関資格を手にするビッグチャンス、検討してみる価値は十分にありそうです。

>>ところで「不動産鑑定士」ってどんな資格?どんな仕事?活躍の場は?そんな疑問は次ページで解決!