アンニョンハセヨ? かゆいところに手が届く「韓国語の「てにをは」を徹底整理」 シリーズ、今回は第4弾をお届けします。今回注目するのは「-(으)로」 。この「-(으)로」 はいろんな意味があり、使用頻度もかなり高いです! 例えば、「韓国語話してください(手段、材料)」、「ひどい風邪会社を休みました(原因、理由)」、「銀座行ってください(方向)」 など、これらの太字の部分はすべて「-(으)로」 が入るのですよ。そこで今回は、「-(으)로」 の代表的な3つの意味を知り、練習してみたいと思います。早速、いってみましょう!

「手段、材料」 を表す「-(으)로」

冷麺
「冷麺をはさみで切ります」 は、韓国語で何と言う?
冒頭の「韓国語で話してください」 を見ても分かるように、「で」 の部分が「~を使って」 に置き換えられるものは、「手段、材料」 を表す「-(으)로」 が使えます。早速例文を見てみましょう。

  • 【1】냉면을 가위 잘라요.

(ネンミョヌル カウィロ チャrラヨ/冷麺をはさみで切ります)

  • 【2】볼펜으로 써 주세요.

(ボルペヌロ ソジュセヨ/ボールペンで書いてください)

  • 【3】막걸리는 쌀 만들어요.

(マッコrリヌン サrロ マンドゥロヨ/マッコリは米で作ります)

  • 【4】한국말 말해 주세요.

(ハングンマrロ マレジュセヨ/韓国語で話してください)

【1】のように、「-(으)로」 がパッチムのない名詞に付く場合は「-로」 になり、【2】のように、パッチムのある名詞には「-으로」 が付きます。ただし、【3】と【4】の例でも分かるように、パッチムがある場合でも「ㄹ」 パッチムの場合(「한국말」、「쌀」)は例外で、「-로」 でOKです。

早速、皆さんの身近な話題をピックアップして例文を作ってみてくださいね。それでは、次のページで「風邪会社を休みました」 などに使える「原因、理由」 の「-(으)로」 を勉強してみましょう!