「韓国語、ちっとも上手くならない……」。勉強しては忘れ、いざというときに言葉にならず……。独学の初級者の方でそんな風に悩んでいる方は、多いと思います。記事「独学でがんばる方へ~韓国語学習のコツ」では、「楽しみながらコツコツと、嫌いにならないこと」が大切、と申し上げました。その気持ちは絶対に持ち続けて欲しいのですが、一方で「必ず上達したい」、「中級レベルに到達したい」場合は、楽な方に流されない明確な意志、具体的な目標を定め、それを達成していく努力がどうしても必要になります。皆さんはどうですか? 「そうだ、頑張る! 私は上達したいんだ」 そんな方は、是非この記事を読んでみてください。私からの愛のムチ(笑)をお届けします。

【INDEX】




偏った学習は御法度! 満遍なく学習しよう

 満遍なく学習
「聞いて、読んで、書いて、話す」ことを忘れずに!
「書くことはできないけれど、なんとなく話せる」、「話すことはできないけれど、検定試験は受かった」 そんな方はいらっしゃいますか? 「なんとなく話せる」「検定試験に受かった」こと自体は素晴らしいことなのですが、ちょっと考えてみましょう。

「書くことができない」ということは、単に綴りを間違うという問題よりも、「ㅗ」と「ㅓ」の発音の違い、「카」と「까」の発音の違いなど、明確な発音を身につけられていない(→通じない、聞き取れない)ことにつながります。また、文章を組み立てる文法も曖昧で、論理的な文章、長い文章を話したりする応用力に欠けてしまいます。

また、検定試験によっては、基本的な文法・語彙をおさえておけば、ほとんど話すことができなくても級が取れるものもあります。しかし、せっかく頑張って勉強して試験に受かったのに、肝心のお友達との会話ができないとなると、何のために勉強しているのか分からない、なんてことにも。

語学の学習は、「聞いて、読んで、書いて、話す」の4つの技能を辛抱強く繰り返していくことが大切です。皆さんがお持ちの、韓国語教材の本文を見てみてください。まずは、音声CDを何回も聞いて(聞く)、耳が慣れたら一緒に声に出して読んでください(読む)。何度も、何度も読んでください。覚えるまで読んで欲しいのですが、分からない単語や文法があると覚えにくいので、それはクリアにしてください(文法、語彙の確認)。分からないところがなくなったら、書く練習をしてください(書く)。最初は文章を見ながらでも良いですが、最終的には見ずに本文を聞いて、それを書き取ってみてください。これは「받아쓰기(パダスギ/聞き取って書くこと)」といって、非常に重要な学習法の一つです。これをする方としない方では、大きな実力の差が生まれます。パダスギができるようになったら、暗記できていることが多いです。そうしたら、独学とはいえ実際の会話を想定して、感情・表情を込めて話してみてください(話す)。机から立ち上がって、架空の相手に向かって何回も、何回も。違う単語を入れ替えたりし、シチュエーションを変えるなどして工夫しましょう。そうすれば、いざ会話をしたい場面で自然と口から出てくるようになります。

皆さんはここまでされていますか? されていない方は、今日からやってみましょう! 偏った学習は、ある程度までのレベルまでは学習を進められるかも知れませんが、さらに上のレベルに行きたいときに、大きな壁として立ちはだかります。「足りない部分だけを補う」という学習は、億劫になるもの。そうなる前に、最初から満遍ない学習を心がけたいですね。

‘韓国ドラマで会話力アップ’は大間違い!? 次のページへGO!